幸田浩子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

幸田 浩子(こうだ ひろこ、1971年-)は、日本ソプラノ歌手二期会会員。姉はヴァイオリニスト幸田聡子

概説[編集]

1971年大阪府豊中市の生まれ。音楽への理解と造詣の深い両親のもとで育った。

大阪府立豊中高等学校卒業後、一浪後、東京藝術大学声楽科入学。 1997年、東京芸術大学声楽科を首席で卒業。同大学院修了。後にオペラ研修所の第11期を修了する。

文化庁派遣芸術家在外研修員の資格を得てイタリアボローニャへ2年間研修留学。2000年にウィーン・フォルクスオーパーと2年間の専属契約を結んだ。

2004年5月、宮本亜門演出のミュージカル、バーンスタイン作『キャンディード』にクネゴンデ役で出演した。

2000年代の前半にドイツのアルテ・ノーヴァから発売されたグスタフ・クーンのいくつかの録音(ロッシーニの『ブルスキーノ氏』やモーツァルトの『レクイエム』、リヒャルト・ワーグナーの『ニーベルングの指環』など)に参加した。

2008年2月、コロムビアミュージックエンタテインメントから初のソロ・アルバム『モーツァルト・アリア集』が発売された。4月には紀尾井ホールNHK交響楽団の主要メンバーとの共演によるリサイタルを開催、6月には東京二期会による『ナクソス島のアリアドネ』(リヒャルト・シュトラウス)でツェルビネッタ役を演じ好評を博した。こうした活動を評価され、8月に第38回エクソンモービル音楽賞洋楽部門奨励賞を受賞した[1]

2009年2月には2枚目となるアルバム『カリヨン/幸田浩子〜愛と祈りを歌う』が発売された。タイトル曲の「カリヨン-新しい色の祝祭にて-」は幸田の歌声に感銘を受けたイタリアのポピュラー音楽の作曲家、ベッペ・ドンギアから贈られたものである[2]。同年11月にアルバム『あなたの優しい声が 〜イタリア&フランス・オペラ・アリア集』が、2010年11月に『天使の糧(パン)』が発売された。

ディスコグラフィ[編集]

  • モーツァルト・アリア集(2008年2月20日)
  • カリヨン/幸田浩子 〜愛と祈りを歌う(2009年2月18日)
  • あなたの優しい声が 〜イタリア&フランス・オペラ・アリア集(2009年11月18日)
  • 天使の糧(パン)(2010年11月17日)
  • ワルツの夢~幸田浩子イン・ウィーン(2012年11月21日)
  • ふるさと~日本のうた~(2013年4月17日)
  • スマイル -母を想う-(2015年4月22日)

出演[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]