ピエール=ローラン・エマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピエール=ローラン・エマール
Pierre-Laurent Aimard 2014-09 B.jpg
基本情報
生誕 (1957-09-09) 1957年9月9日
出身地 フランスの旗 フランスリヨン
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
公式サイト pierrelaurentaimard.com

ピエール=ローラン・エマール(Pierre-Laurent Aimard, 1957年9月9日 - )は、フランスピアニスト

略歴[編集]

リヨン生まれ。地元の音楽院に通い、後にイヴォンヌ・ロリオに師事する。1973年パリ音楽院で室内楽演奏により褒賞される。同年、オリヴィエ・メシアン国際コンクール優勝。1977年ブーレーズの招きで、アンサンブル・アンテルコンタンポランの創設メンバーに名を連ねる。ブーレーズのほか、小澤征爾ズービン・メータシャルル・デュトワプレヴィンアンドルー・デイヴィスデイヴィッド・ロバートソンらの指揮者と共演する。20歳でシカゴ交響楽団と共演し、アメリカデビューを果たした。

レパートリー[編集]

現代音楽の関係者として特に有名で、ブーレーズの『レポン』(Répons)、シュトックハウゼンの『ピアノ小品第14番』(Klavierstück XIV)、リゲティの『練習曲』などを演奏した。ジョージ・ベンジャミンマルコ・ストロッパら年下の作曲家の作品も取り上げている。近年では、アーノンクール指揮によるベートーヴェンのピアノ協奏曲全集の録音で、現代音楽の愛好家以外からも注目を浴びた。近年テルデックでも録音を行い、なかでもメシアンの『トゥーランガリラ交響曲』は絶賛を博している。

脚注[編集]


外部リンク[編集]