アン・アキコ・マイヤース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アン・アキコ・マイヤース
Anne Akiko Meyers.jpg
2016年
基本情報
生誕 (1970-05-15) 1970年5月15日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サンディエゴ
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン
公式サイト 公式サイト

アン・アキコ・マイヤースAnne Akiko Meyers1970年5月15日 - )は、アメリカヴァイオリニスト。父親がドイツ系アメリカ人で母親が日本人のハーフ。

略歴[編集]

サンディエゴ生まれ。4歳からヴァイオリンを始め、1981年、11歳の時にロサンジェルス・フィルハーモニックと初協演し、「ザ・トゥナイト・ショー」に2度出演した。1982年、12歳の時にズービン・メータ指揮のニューヨーク・フィルハーモニックと初協演。

1983年インディアナ大学ジョーゼフ・ギンゴールドに師事。1984年ジュリアード音楽院で全額奨学金を受け、川崎雅夫ドロシー・ディレイフェリックス・ガリミアに師事した。以後、ソリスト室内楽奏者、レコーディングアーティスト、教育者等として世界中で演奏活動を行う。

1998年アン・クラインのファッション・キャンペーン"Women of Substance"のモデルとなった。

2008年カリフォルニア大学に評議員講師として招かれる。

使用楽器[編集]

匿名の持主より終身貸与されている、1741年グァルネリ・デル・ジェス “ヴュータン(Vieuxtemps)”。

外部リンク[編集]