ヴォルフラム・クリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴォルフラム・クリスト
生誕 1955年????
出身地 ドイツの旗 ドイツ
学歴 フライブルク音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴィオラ奏者
担当楽器 ヴィオラ
公式サイト Wolfram Christ

ヴォルフラム・クリストドイツ語: Wolfram Christ, 1955年 - )は、ドイツ生まれのヴィオラ奏者。カラヤン晩年とアバド時代のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で首席ヴィオラ奏者を務めた後、現在はソロ活動を行っている。

略歴[編集]

6歳からヴァイオリンを始める。12歳の時に、家族で室内楽を楽しむためにヴィオラに転向する。その後フライブルク音楽大学ウルリヒ・コッホに師事する。1976年、20歳でミュンヘン音楽国際コンクールで2位に入賞する。なお、この時の1位はユーリ・バシュメットであった。

その後、1978年に22歳でベルリン・フィルの首席ヴィオラ奏者に就任する。またソリストとしてベルリン・フィルと「イタリアのハロルド」、「ドン・キホーテ」、バルトークヴィオラ協奏曲ヒンデミット室内音楽第5番などの録音も行う。1993年には、ベルリン・フィルのメンバーと弦楽三重奏団「アルノルト・シェーンベルク・トリオ」(ヴァイオリンはライナー・クスマウル、チェロはゲオルク・ファウスト)を結成するなど、室内楽においても各種録音を行っている。

1995年にシドニー音楽院の芸術監督に就任、1998年からはフライブルク音楽大学教授となり、後進の指導にもあたっている。1999年にベルリン・フィルを退団し、ソロ・室内楽の活動に専念している。

外部リンク[編集]

脚注[編集]