ヴィトルト・ルトスワフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヴィトルト・ルトスワフスキ
Witold Lutosławski
Lutoslawski3.jpg
ヴィトルト・ルトスワフスキ
基本情報
出生名 ヴィトルト・ルトスワフスキ
Witold Lutosławski
生誕 (1913-01-25) 1913年1月25日
ロシア帝国領ポーランド・ワルシャワ
死没 (1994-02-07) 1994年2月7日(81歳没)
ポーランドの旗 ポーランド・ワルシャワ
職業 作曲家
ルトスワフスキ

ヴィトルト・ルトスワフスキ(Witold Lutosławski [ˈvitɔlt lutɔsˈwafskʲi], 1913年1月25日 - 1994年2月7日)は、ポーランド作曲家ピアニスト[1][2]ヴィトルド・ルトスワフスキとも呼ばれ、ポーランド楽派の黎明期に活躍した。

人物・来歴[編集]

1913年1月25日ワルシャワに生まれた。

1937年ワルシャワ音楽院を卒業。1954年に代表作『管弦楽のための協奏曲』を作曲、UNESCO国際作曲家会議で第1位を受賞し、頭角を現す。1959年から1965年まで、国際現代音楽協会 (ISCM) のポーランド支部委員に選出された。1963年からはヨーロッパ全土で活躍、各地で絶賛される。1983年からは、伝統的なスタイルである交響曲、協奏曲、ファンファーレ、パルティータといった楽曲を作曲することが優勢になった。ポーランド初のISCM名誉会員に選出される。

1994年2月7日ヴァイオリン協奏曲を作曲中に急逝。81歳没。妻も同年に没した。

作風[編集]

作曲時期、特に「ヴェネチアの遊び」以前と以後で作風は大きく変わるが、音楽の持つエネルギーを完璧に制御する技術[3]を手中に収め、クライマックスを築く書法は生涯全体において共通する。

主要作品[編集]

交響曲[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響的変奏曲(1938年)
  • 序曲(1949年)
  • 小組曲(1950年)
  • 葬送音楽(1958年)
  • 3つの後奏曲(1958-60年)
  • ヴェネツィアの遊び(1961年)
  • 書(1968年)
  • 前奏曲とフーガ(1972年)
  • ミ・パルティ(1976年)
  • ノヴェレッテ(1978年 - 1979年)
  • チェイン第3番(1986年)

協奏曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • 木管三重奏曲(1945年)
  • 牧歌集(1952年)
  • 舞踏前奏曲(1954年 - 1955年)
  • 弦楽四重奏曲(1964年)
  • ザッハー変奏曲(1975年)
  • エピタフ(1979年)
  • チェイン第1番(1983年)
  • パルティータ(1988年)

ピアノ曲[編集]

  • ピアノソナタ(1934年)
  • パガニーニの主題による変奏曲(1941年)

管弦楽付声楽曲[編集]

  • 3つのクリスマス・キャロル(1946年)
  • 歌曲集『春』(1951年)
  • 5つの歌曲(1958年)
  • アンリ・ミショーの3つの詩(1963年)
  • 『織りこまれた言葉』(1965年)
  • 『眠りの空間』(1975年)
  • 『花の歌と歌物語』(1991年)

歌曲[編集]

  • 歌曲『The Snowslide』(1949年)
  • 5つの歌曲(1956年 - 1957年)

受賞歴[編集]

  • Polska Rzeczpospolita Ludowa i III Rzeczpospolita: nagrody państwowe I stopnia (1955年、1964年、1978年)
  • Order Budowniczych Polski Ludowej (1977年)
  • Order Orła Białego (1994年)
  • Międzynarodowej Trybunie Kompozytorów UNESCO w Paryżu (1959年、1962年、1964年、1968年)
  • Koussevitzky Prix Mondial du Disque (1964年、1976年、1986年)
  • Grand Prix du Disque de L’AcadMmie Ch. Cross (1965年、1971年)
  • Fundacja Jurzykowski (Nowy Jork 1966年)
  • Herder (Wiedeń 1967年)
  • H. Sonning (Kopenhaga 1967年)
  • M. Ravel (Paryż 1971年)
  • J. Sibelius (Helsinki 1973年)
  • E. v. Siemens (Monachium 1983年)
  • グロマイヤー賞 (Louisville 1985年)
  • Zofii (Madryt 1985年)
  • ポーラー音楽賞 (1993年)
  • 京都賞思想・芸術部門 (1993年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Lutosławski’s ‘didlumdi, didlumdaj’”. onpolishmusic.com. 2019年4月2日閲覧。
  2. ^ Witold Lutosławski on himself in 1993”. greatcomposers.nifc.pl. 2019年4月2日閲覧。
  3. ^ Lutosławski, 'Akcja', and the Poetics of Musical Plot”. www.jstor.org. 2019年4月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • Bodman Rae, Charles (1994). The Music of Lutosławski. London: Faber and Faber. ISBN 0-571-16450-1.
  • Bodman Rae, Charles (1996). Muzyka Lutosławskiego. tr. Krupowicz Stanisław. Warsaw: PWN. ISBN 83-01-11908-X.
  • Bodman Rae, Charles (1999). The Music of Lutosławski, third edn. London: Omnibus Press. ISBN 0-7119-6910-8.
  • Jacobson, Bernard (1996). A Polish Renaissance. London: Phaidon. ISBN 0-7148-3251-0.
  • Lutosławski, Witold (1976). Lutosławski Profile: Witold Lutosławski in Conversation with Bálint András Varga. London: Chester Music/Edition Wilhelm Hansen London Ltd.
  • Nordwall, Ove, ed. (1968). Lutosławski. Stockholm: Edition Wilhelm Hansen.
  • Panufnik, Andrzej (1987). Composing Myself. London: Methuen. ISBN 0-413-58880-7.
  • Stucky, Steven (1981). Lutosławski and His Music. Cambridge: Cambridge University Press. ISBN 0-521-22799-2. Contains an extensive bibliography to 1981.
  • Witold Lutosławski – Guide to Warsaw. NIFC 2013 free app with biography
  • La musique polonaise et Witold Lutoslawski. Présentation et entretiens par Jean-Paul Couchoud. Éditions Stock [1980], (239 p.)
  • D. Gwizdalanka, K. Meyer, Lutosławski. Droga do dojrzałości, Kraków PWM 2003.
  • D. Gwizdalanka, K. Meyer, Lutosławski. Droga do mistrzostwa, Kraków PWM 2004.
  • T. Kaczyński, Lutosławski, Życie i muzyka, Warszawa Sutkowski Edition 1994.
  • J. Paja-Stach, Witold Lutosławski, Kraków Musica Iagellonica 1996.
  • J. Paja-Stach, Lutosławski i jego styl muzyczny, Kraków Musica Iagellonica 1997.
  • Witold Lutosławski. Człowiek i dzieło w perspektywie kultury muzycznej XX wieku, J. Astriab, M. Jabłoński, J. Stęszewski (red.), Poznań PTPN 1999.
  • Estetyka i styl twórczości Witolda Lutosławskiego, Studia pod red. Z. Skowrona, Kraków Musica Iagellonica 2000.
  • „Muzyka” 1995 nr 1-2 (w całości poświęcona W. Lutosławskiemu), Warszawa (IS PAN) 1995.
  • Witold Lutosławski (sesja naukowa poświęcona twórczości kompozytora), Kraków 24-25 kwietnia 1980. Wybór materiałów, L. Polony (red.), Zeszyty Naukowe Akademii Muzycznej w Krakowie 1985.
  • Witold Lutosławski, Prezentacje, interpretacje, konfrontacje, K. Tarnawska-Kaczorowska (red.), Warszawa ZKP 1985.
  • G. Michalski, Lutosławski w pamięci, Gdańsk słowo/obraz/terytoria 2007.
  • R. Wolański, Leksykon Polskiej Muzyki Rozrywkowej, Agencja Wydawnicza MOREX, Warszawa 1995, hasło Derwid, s. 39, ISBN 83-86848-05-7.
  • B. Smoleńska-Zielińska, Tadeusz A. Zieliński, Witold Lutosławski. Przewodnik po arcydziełach, Warszawa 2011.
  • S. Będkowski, S. Hrabia, Witold Lutosławski: a bio-bibliography, Greenwood Publishing Group 2001.
  • Lutosławski 1913–2013, album przygotowany przez Elżbietę Markowską, Warszawa 2013.

外部リンク[編集]