大谷康子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大谷康子
出身地 日本の旗 日本宮城県
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック音楽
担当楽器 ヴァイオリン
共同作業者 ジャパン・アーツ

大谷 康子(おおたに やすこ)は、宮城県仙台市出身の、日本のヴァイオリニスト

人物・来歴[編集]

  • ルーツを高知県に持つ。宮城県仙台市で生まれ、愛知県名古屋市で育つ。
  • 東京芸術大学、同大学院博士課程修了。
  • 全日本学生音楽コンクール第1位。シェリング来日記念コンクール第2位。
  • ソロ活動を在学中よりはじめる。ウィーンローマケルンベルリンなどでのリサイタルを行う。
  • 病院や施設でボランティア活動の一環として演奏活動をしている。
  • 1981年: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 コンサートマスター、後に首席コンサートマスター。
  • 1995年: 東京交響楽団コンサートマスター、後にソロ・コンサートマスター。
  • 2009年: トロント音楽祭に出演。
  • 2010年: 文化庁「芸術祭大賞」受賞。
  • 2011年: 国際文化会館にて東日本大震災への国際救援に対する感謝のコンサート「“ありがとう”を音楽に乗せて」を企画・演奏。被災地に演奏を届ける活動も行なっている。
  • 2013年: ザルツブルグ市ミラベル宮殿マーブルホールでリサイタル。
  • 2014年秋: シュトゥットガルト室内管弦楽団との日本ツアーを行う。
  • 2015年5月: デビュー40周年を記念し、1公演で4曲のコンチェルトを演奏する。
  • 2015年秋: デビュー40周年を記念し、東京・大阪他でリサイタルを開催。
  • 2015年12月: キエフ国立フィルと共演。日本ツアーのソリストを務める。
  • 2016年: 東京交響楽団名誉コンサートマスターの称号を授かる。
  • 2016年12月: 10年プロジェクト「大谷康子のヴァイオリン賛歌」第1回公演を開催。(ハクジュホール
  • 2017年5月: ”キエフの春音楽祭”オープニングコンサートに出演予定。
  • 2017年6-7月: モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団(指揮: ユーリ・シモノフ)と日本ツアーを予定。

メディア[編集]

  • テレビ番組「題名のない音楽会」に340回以上出演(最多出演)。
  • 2016年: BSジャパン「おんがく交差点」にて、春風亭小朝と共にメインパーソナリティーを務める。
  • その他ラジオ等、様々なメディアでも活動する。

社会活動[編集]

  • 学生時代より、学校訪問演奏、福祉施設訪問演奏などを行っている。
  • 東京音楽大学教授
  • 東京芸術大学講師
  • 東京芸術大学附属音楽高校講師
  • 川崎市市民文化大使
  • 高知県観光特使
  • 公益財団法人日本交響楽振興財団理事
  • 公益財団法人練馬区文化振興協会理事長[1]

ディスコグラフィー[編集]

発売日 タイトル 共演 レーベル 規格品番
1993年2月21日 夢のあとに 篠崎史子(ハープ) Sony Records SRCR-9103
1995年3月24日 椿姫ファンタジー 藤井一興(ピアノ) Sony Records SRCR-9769
1997年12月1日 ヴィヴァルディ: 四季 秋山和慶(指揮), 東京交響楽団 Sony Records SRCR-1986
2001年2月25日 鳥のシシリアーノ
新実徳英: ヴァイオリン・ソング・ブック
榎本潤(ピアノ) カメラータ・トウキョウ 28CM-528
2005年2月26-28日(録音) 中野稔: ヴァイオリンとピアノのための作品 第1集 榎本潤(ピアノ) MITTENWALD MTWD99023
2008年6月27日 深紅のシャコンヌ (無伴奏) Sony Music SSCX-10305
2009年9月9日 メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲
ラロ: スペイン交響曲
大友直人(指揮), 東京交響楽団 キングレコード KICC-794
2012年4月25日 ブルッフ: ヴァイオリン協奏曲 第1番
サン=サーンス: ヴァイオリン協奏曲 第3番
広上淳一, 大友直人(指揮), 東京交響楽団 キングレコード KICC-997
2014年11月26日 R.シュトラウス: ヴァイオリン・ソナタ作品18
ベートーヴェン: ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」
イタマール・ゴラン(ピアノ) ソニーレコーズ インターナショナル SICC-1771
2015年9月16日 大谷康子のお菓子な名曲サロン 藤井一興(ピアノ) キングレコード KICC-1241

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 練馬区文化振興協会に新理事長 バイオリニスト・大谷康子さんが就任”. 練馬経済新聞 (2016年4月5日). 2016年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]