ユーリ・シモノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーリ・シモノフ
Yuri Simonov
生誕 (1941-03-04) 1941年3月4日(77歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 サラトフ
ジャンル クラシック
職業 指揮者
担当楽器 指揮
活動期間 1969年 -
公式サイト ユーリ・シモノフ公式サイト

ユーリ・シモノフ: Юрий Иванович Симонов, 1941年3月4日 - )は、ロシア指揮者1969年ボリショイ劇場にて「アイーダ」でデビュー。1998年からモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団で首席指揮者を務めている。

略歴[編集]

1941年に旧ソ連のサラトフのオペラ歌手一家に生まれる。 1953年、12歳の時に学校のオーケストラでモーツァルトの交響曲第40番を指揮。レニングラード音楽院アレクサンドル・ラビノヴィチに師事。

1966年には全ソ連指揮者コンクールで優勝。1968年には第4回ローマ・サンタ・チェチーリア指揮者コンクールでロシア人として初めて優勝。この後、レニングラード・フィルハーモニー交響楽団ムラヴィンスキーの助手を務める。 1969年にはボリショイ歌劇場に招かれ、「アイーダ」でデビューを飾る。そして、翌年の1970年には同歌劇団史上最年少で首席指揮者となり、1985年までその地位を保持して最長在任記録を作る。1998年にはモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。

教育者としては、1978年モスクワ音楽院の指揮科教授となり、1991年まで務める。

指揮活動について[編集]

海外でのデビューは以下のとおりである。

モスクワ・フィルを伴っての来日は多く、NHK交響楽団にも客演している。以前はピアニストのフジ子・ヘミングをはじめとする、ソリストの伴奏者としての来日ばかりだったが、現在ではわずかながらオーケストラとの単独公演も開かれるようになっている。シモノフが披露する、昨今ではあまり聴かれなくなった、ブラスセクションを大きく鳴らし打楽器を炸裂させる重量感ある大きな音楽には、ファンとなる者も多い。来日時のアンコールに期待する声も多く、その際の踊っているような独特の指揮姿には、演奏中にもかかわらず会場から笑い声が漏れるほどである。楽屋口でのいわゆる「出待ち」にも気軽に応じ、ファン・サービスの精神が旺盛な指揮者といえる。

劇場上がりの指揮者であることからも推察されるように、その演奏曲目は非常に幅広く、チャイコフスキーラフマニノフなどのロシア系は当然のこと、モーツァルトベートーヴェンに始まり、ベルリオーズマーラーからイタリア・オペラに至るまで、多彩なレパートリーを持つ。

受賞[編集]

録音[編集]

特に名高いのは、自身も音楽監督を務めたベルギー国立管弦楽団とのショスタコーヴィチの交響曲第4番であるが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とも多数の音盤を出版しており、オーケストラの明るい音色を活かした華々しい演奏には、「春の祭典」や「序曲1812年」などの諸作品に、高い評価が寄せられている。

「ユーリ・シモノフ・コレクション」と銘打たれた6枚のCD[注 1]ロシア音楽協会から出版されているほか、メロディア・レーベルからは数種のオペラ作品がリリースされている。手兵との来日時には、一般流通していないモスクワ・フィルとの自主制作盤がロビー販売されている場合もある。

主な門下生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ロシア人作曲家以外にもベートーヴェンやベルリオーズらも含まれる。

出典[編集]

外部リンク[編集]


先代:
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
ボリショイ劇場
音楽監督
1970 - 1985
次代:
アレクサンドル・ラザレフ
先代:
ロナルド・ゾールマン
ベルギー国立管弦楽団
音楽監督
1994 - 2002
次代:
ミッコ・フランク
先代:
マルク・エルムレル
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1998 -
次代: