瀬戸フィルハーモニー交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公益社団法人瀬戸フィルハーモニー交響楽団(こうえきしゃだんほうじんせと-こうきょうがくだん)は日本のオーケストラ

概要[編集]

「瀬戸フィル」という愛称で呼ばれ、地域の音楽文化の活性化への寄与を目的とし、2001年11月に特定非営利活動法人として設立された、四国初のプロオーケストラである。本拠は香川県高松市、2010年1月には公益社団法人に移行している。常任指揮者はノールマン・ビジャヤ。

活動[編集]

2002年1月から2005年末までに計16回の定期演奏会のほか、四国二期会とのオペラ公演、四国内の小・中学校での演奏とワークショップ、公民館などへのアンサンブルデリバリーなど、幅広く活動している。2003年からは地域の子どもたちと共演する「瀬戸フィルファミリーコンサート」も取り組んでいる。高松市以外では、新居浜市の市民コンサート、丸亀市のクリスマスコンサートなどが恒例となっている。

2016年6月13日に開催された日本オーケストラ連盟の総会において、準会員として加盟が承認された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]