日本オーケストラ連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本オーケストラ連盟
団体種類 公益社団法人
設立 1990年(平成2年)7月
所在地 東京都墨田区錦糸1-2-1
アルカセントラル棟7階
北緯35度41分50.3秒東経139度48分41.1秒座標: 北緯35度41分50.3秒 東経139度48分41.1秒
起源 東京:東京オーケストラクラブ
地方:地方交響楽団連盟
活動地域 日本の旗 日本
会員数 35
(正会員25、準会員10)
ウェブサイト http://www.orchestra.or.jp
テンプレートを表示

公益社団法人日本オーケストラ連盟(にほんオーケストラれんめい)は、日本に所在する35(正会員25、準会員10)のプロオーケストラが加盟している公益社団法人

事業内容[編集]

  1. 交響楽に関する公演・講習会等の開催
  2. 青少年に対する交響楽の普及
  3. プロ・オーケストラの運営に関する調査研究
  4. 交響楽に係る人材育成
  5. 交響楽に関する国際交流
  6. その他目的を達成するために必要な事業

1.に関しては、毎年、加盟楽団の本拠地の1つでその楽団を中心に"オールジャパン・シンフォニーオーケストラ"を結成し、「現代日本オーケストラ名曲の夕べ」を開催している。また、2007年(平成19年)から3月31日を「オーケストラの日」と定め、加盟楽団が各地でコンサートを同時開催するイベントを主催している。その他、文化庁主催の「アジア オーケストラ ウィーク」の制作も行っている。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 東京で「東京オーケストラクラブ」が結成。
  • 1968年(昭和43年) - 「日本交響楽団連絡会議」に改組。
  • 1972年(昭和47年) - 東京以外の都市に所在するオーケストラが「地方交響楽団連盟」を設立。東京の「日本交響楽団連絡会議」と相互交流開始。
  • 1989年平成元年) - 東京と地方の両団体が「全日本オーケストラ連盟」結成を決定。
  • 1990年(平成2年)7月 - 任意団体「日本オーケストラ連盟」発足(加盟交響楽団数18)。
  • 1995年(平成7年)1月31日 - 社団法人「日本オーケストラ連盟」設立。

以上のような当法人の成立経緯から、「首都圏オーケストラ連絡会」と「地方オーケストラ連絡会」が組織内部に存在し、各々の連絡会が別個に会議を行ったり、合同会議が行われたりする。

加盟団体[編集]

加盟団体の一覧を以下に示す。公演数・人数・金額は2015年度(2015年4月1日~2016年3月31日)実績※。

  • ※東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団のみ、会計年度2014年8月1日~2015年7月31日。
  • 準会員は背景が濃い灰色。それ以外は正会員。
  • 内数は背景が白色。
  • 運営団体の所在地の全国地方公共団体コード順に記載。
  • 収支の金額
    • 消費税込(ただし、NHK交響楽団のみ消費税抜き)
  • 正会員の楽団に所属する楽員の合計は1,778名、準会員のそれも合計すると2,146名。
  • 正会員の楽団の全3,221公演の総入場者数は3,847,323人、準会員のそれも合計すると全3,938公演、4,237,110人。
加盟団体の一覧(2015年度)[1]
団体名 運営団体
(所在地)
創立年 公演数
(回)
会員数
(人)
総入場者数
(人)
楽員数
(名)
年間収入
(千円)
演奏収入
(千円)
年間支出
(千円)
札幌交響楽団 公財地図 1961年 115 2,705 135,296 76 996,152 545,033 1,005,578
仙台フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1973年 121 646 98,287 78 1,015,951 484,830 983,377
山形交響楽団 公社地図 1972年 151 1,041 74,881 50 408,198 224,776 412,091
群馬交響楽団 公財(地図 1945年 169 853 125,193 64 851,904 345,493 826,656
千葉交響楽団 公財(地図 1985年 153 430 60,000 27 168,969 137,841 170,949
読売日本交響楽団 公財(地図 1962年 116 8,693 171,789 95 2,494,452 815,754 2,225,031
NHK交響楽団 公財(地図 1926年 107 9,586 222,326 111 2,938,896 1,292,605 2,824,884
東京フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1911年 309 3,847 530,797 134 1,666,998 1,466,108 1,675,827
東京交響楽団 公財(地図 1946年 152 2,944 215,600 89 1,226,689 978,821 1,219,712
新日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1972年 138 3,428 171,692 86 1,023,610 708,977 1,082,843
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 一財地図 1975年 122 580 138,000 53 413,001 363,712 355,131
東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団 一社地図 1973年 86 0 67,561 51 58,517 58,325 57,752
日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1956年 159 4,791 228,414 81 1,391,541 1,096,270 1,380,597
東京都交響楽団 公財(地図 1965年 137 4,711 201,376 93 1,777,934 596,692 1,968,448
東京ニューシティ管弦楽団 一社(地図 1990年 69 149 90,456 43 158,792 147,502 182,617
藝大フィルハーモニア管弦楽団 地図
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1970年 136 1,683 176,108 68 835,350 402,699 831,525
オーケストラ・アンサンブル金沢 公財(地図 1988年 109 1,879 112,738 37 829,547 375,952 791,562
静岡交響楽団 NPO地図 1988年 40 643 29,705 39 85,861 63,624 93,321
セントラル愛知交響楽団 一社(地図 1983年 90 216 70,714 50 159,606 137,580 160,670
名古屋フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1966年 120 1,678 128,539 70 1,083,496 466,143 1,005,680
中部フィルハーモニー交響楽団 NPO(地図 2000年 57 0 47,402 43 258,783 206,870 254,984
京都市交響楽団 公財(地図 1956年 99 2,829 125,000 87 1,177,752 187,949 1,191,174
京都フィルハーモニー室内合奏団 NPO(地図 1972年 160 283 80,000 14 206,516 193,223 206,163
関西フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1982年 105 498 98,000 57 545,735 399,001 542,018
大阪フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1947年 84 1,958 126,000 71 835,358 430,689 896,943
テレマン室内オーケストラ 一社(地図 1963年 112 334 51,000 24 129,512 111,069 129,492
大阪交響楽団 一社(地図 1980年 116 2,141 116,000 46 509,550 415,509 473,885
日本センチュリー交響楽団 公財(地図 1989年 109 904 69,800 51 758,411 341,723 758,622
ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 地図 1988年 48 0 28,381 52 136,428 119,581 131,709
兵庫芸術文化センター管弦楽団 公財(地図 2005年 131 4,984 216,501 59 745,720 294,230 745,720
奈良フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1985年 36 1,255 13,000 52 62,049 58,481 59,493
瀬戸フィルハーモニー交響楽団 公社(地図 2001年 25 0 12,738 66 41,747 36,238 45,760
広島交響楽団 公財(地図 1963年 130 1,399 89,216 61 766,904 357,467 765,198
九州交響楽団 公財(地図 1953年 127 1,662 114,600 68 835,630 429,325 805,563
  • 2016年10月、千葉交響楽団はニューフィルハーモニーオーケストラ千葉から改称した。
  • 公益社団法人瀬戸フィルハーモニー交響楽団は、2016年6月に開催された日本オーケストラ連盟の総会において、準会員として加盟が承認された。
  • 藝大フィルハーモニア管弦楽団は、2017年4月に準会員として加盟した。

会員の入会に関する条件[編集]

正会員[編集]

  1. 法人格を有する非営利団体に所属するプロフェッショナル・オーケストラであること。
  2. 固定給与を支給しているメンバーによる2管編成以上のオーケストラであること。
  3. 定期会員制を採用し、年間5回以上の定期演奏会をはじめとする自主演奏会を10回以上行なっているオーケストラであること。
  4. 運営主体としての事務局組織を持っているオーケストラであること。
  5. 正会員より推薦を受けたオーケストラであること。

以上の条件を勘案し、その実績から正会員として相応しいと運営委員会・理事会が認めたうえ、総会で議決されたオーケストラであること。

準会員[編集]

  1. 「管・打楽器」と「弦楽器」を擁するプロフェッショナルの合奏団であること。
  2. プロフェッショナル・オーケストラとしての演奏活動実績が2年以上あり、定期演奏会をはじめ年間30回以上の演奏活動を行っていること。
  3. 演奏者の構成員は他の会員のオーケストラと重複していないことを原則とする。
  4. 演奏者の構成員は半数以上が固定的に在籍していること。
  5. 専門の経理担当者、楽譜係、舞台担当者を擁する事務局組織を持っていること。

以上の条件を満たし、運営委員会・理事会の承認を経て総会で認められたオーケストラであること。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本のプロフェッショナル・オーケストラ年鑑 2016 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]