日本オーケストラ連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本オーケストラ連盟
団体種類 公益社団法人
設立 1990年(平成2年)7月
所在地 東京都墨田区錦糸1-2-1
アルカセントラル棟7階
北緯35度41分50.3秒東経139度48分41.1秒座標: 北緯35度41分50.3秒 東経139度48分41.1秒
起源 東京:東京オーケストラクラブ
地方:地方交響楽団連盟
活動地域 日本の旗 日本
会員数 33
(正会員25、準会員8)
ウェブサイト http://www.orchestra.or.jp
テンプレートを表示

公益社団法人日本オーケストラ連盟(にほんオーケストラれんめい)は、日本に所在する33(正会員25、準会員8)のプロオーケストラが加盟している公益社団法人

事業内容[編集]

  1. 交響楽に関する公演・講習会等の開催
  2. 青少年に対する交響楽の普及
  3. プロ・オーケストラの運営に関する調査研究
  4. 交響楽に係る人材育成
  5. 交響楽に関する国際交流
  6. その他目的を達成するために必要な事業

1.に関しては、毎年、加盟楽団の本拠地の1つでその楽団を中心に"オールジャパン・シンフォニーオーケストラ"を結成し、「現代日本オーケストラ名曲の夕べ」を開催している。また、2007年(平成19年)から3月31日を「オーケストラの日」と定め、加盟楽団が各地でコンサートを同時開催するイベントを主催している。その他、文化庁主催の「アジア オーケストラ ウィーク」の制作も行っている。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 東京で「東京オーケストラクラブ」が結成。
  • 1968年(昭和43年) - 「日本交響楽団連絡会議」に改組。
  • 1972年(昭和47年) - 東京以外の都市に所在するオーケストラが「地方交響楽団連盟」を設立。東京の「日本交響楽団連絡会議」と相互交流開始。
  • 1989年平成元年) - 東京と地方の両団体が「全日本オーケストラ連盟」結成を決定。
  • 1990年(平成2年)7月 - 任意団体「日本オーケストラ連盟」発足(加盟交響楽団数18)。
  • 1995年(平成7年)1月31日 - 社団法人「日本オーケストラ連盟」設立。

以上のような当法人の成立経緯から、「首都圏オーケストラ連絡会」と「地方オーケストラ連絡会」が組織内部に存在し、各々の連絡会が別個に会議を行ったり、合同会議が行われたりする。

加盟団体[編集]

加盟団体の一覧を以下に示す。公演数・人数・金額は2012年度(平成24年度)時点。

  • 準会員は背景が濃い灰色。それ以外は正会員。
  • 内数は背景が白色。
  • 運営団体の所在地の全国地方公共団体コード順に記載。
  • 収支の金額
    • 消費税込(ただし、新日本フィルハーモニー交響楽団のみ消費税抜き)
    • ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団は大阪音楽大学の一部門のため、人件費・管理費を一部含まない数字(*)。
  • 正会員の楽団に所属する楽員の合計は1,765名、準会員のそれも合計すると2,049名。
  • 正会員の楽団の全3,223公演の総入場者数は3,712,001人、準会員のそれも合計すると全3,746公演、4,080,843人。
加盟団体の一覧(2012年度)[1]
団体名 運営団体
(所在地)
創立年 公演数
(回)
会員数
(人)
総入場者数
(人)
楽員数
(名)
年間収入
(千円)
演奏収入
(千円)
年間支出
(千円)
札幌交響楽団 公財地図 1961年 118 2,843 155,935 77 1,004,101 490,310 1,018,483
仙台フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1973年 106 612 79,481 74 898,845 405,802 957,762
山形交響楽団 公社地図 1972年 158 1,427 80,031 49 509,884 255,372 554,026
群馬交響楽団 公財(地図 1945年 174 727 127,749 66 828,620 308,143 819,735
千葉交響楽団 公財(地図 1985年 111 230 56,978 20 154,047 127,511 151,728
読売日本交響楽団 公財(地図 1962年 102 5,280 179,700 84 2,260,148 695,757 2,159,849
NHK交響楽団 公財(地図 1926年 112 9,319 203,300 101 3,009,026 1,288,818 2,950,164
東京フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1911年 331 3,700 593,320 135 1,771,573 1,453,372 1,719,767
東京交響楽団 公財(地図 1946年 156 2,415 203,954 89 1,163,201 935,132 1,165,352
新日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1972年 138 4,293 193,909 90 1,153,489 809,665 1,128,996
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 一財地図 1975年 118 613 125,000 58 377,661 294,161 387,915
東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団 一社地図 1973年 61 0 56,014 60 54,800 54,453 61,509
日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1956年 165 4,567 200,000 79 1,465,094 1,089,354 1,291,760
東京都交響楽団 公財(地図 1965年 145 4,286 203,144 92 1,776,816 622,070 1,661,913
東京ニューシティ管弦楽団 一社(地図 1990年 118 171 10,270 51 341,815 322,531 343,382
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1970年 135 1,306 250,536 67 752,080 425,377 752,461
オーケストラ・アンサンブル金沢 公財(地図 1988年 103 2,139 88,552 33 794,760 332,901 799,523
静岡交響楽団 NPO地図 1988年 17 0 20,795 43 61,343 43,127 57,803
セントラル愛知交響楽団 一社(地図 1983年 92 225 48,000 50 259,119 227,141 257,672
名古屋フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1966年 108 1,782 126,011 66 1,017,703 412,975 985,320
中部フィルハーモニー交響楽団 NPO(地図 2000年 44 0 41,250 34 218,410 178,118 218,681
京都市交響楽団 公財(地図 1956年 89 2,125 110,000 82 983,382 185,117 927,604
京都フィルハーモニー室内合奏団 NPO(地図 1972年 91 1,274 90,000 14 159,308 146,219 163,557
関西フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1982年 105 595 90,000 58 518,314 401,493 510,749
大阪フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1947年 107 1,870 128,000 66 843,722 435,739 892,394
テレマン室内オーケストラ 一社(地図 1963年 115 424 44,570 26 131,242 111,535 125,728
大阪交響楽団 一社(地図 1980年 108 2,672 83,600 45 466,801 357,995 495,746
日本センチュリー交響楽団 公財(地図 1989年 95 675 62,653 50 635,327 269,252 698,364
ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 地図 1988年 44 0 41,335 32 168,323* 161,423* 146,255*
兵庫芸術文化センター管弦楽団 公財(地図 2005年 111 4,529 173,160 58 733,758 259,434 733,758
奈良フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1985年 40 1,418 17,900 55 64,648 61,474 65,776
瀬戸フィルハーモニー交響楽団 公社(地図 2001年
広島交響楽団 公財(地図 1963年 109 1,044 85,696 69 761,346 339,001 737,721
九州交響楽団 公財(地図 1953年 126 1,001 110,000 69 861,510 405,768 803,542
  • 2016年10月、千葉交響楽団はニューフィルハーモニーオーケストラ千葉から改称した。
  • 公益社団法人瀬戸フィルハーモニー交響楽団は、2016年6月に開催された日本オーケストラ連盟の総会において、準会員として加盟が承認された。

会員の入会に関する条件[編集]

正会員[編集]

  1. 法人格を有する非営利団体に所属するプロフェッショナル・オーケストラであること。
  2. 固定給与を支給しているメンバーによる2管編成以上のオーケストラであること。
  3. 定期会員制を採用し、年間5回以上の定期演奏会をはじめとする自主演奏会を10回以上行なっているオーケストラであること。
  4. 運営主体としての事務局組織を持っているオーケストラであること。
  5. 正会員より推薦を受けたオーケストラであること。

以上の条件を勘案し、その実績から正会員として相応しいと運営委員会・理事会が認めたうえ、総会で議決されたオーケストラであること。

準会員[編集]

  1. 「管・打楽器」と「弦楽器」を擁するプロフェッショナルの合奏団であること。
  2. プロフェッショナル・オーケストラとしての演奏活動実績が2年以上あり、定期演奏会をはじめ年間30回以上の演奏活動を行っていること。
  3. 演奏者の構成員は他の会員のオーケストラと重複していないことを原則とする。
  4. 演奏者の構成員は半数以上が固定的に在籍していること。
  5. 専門の経理担当者、楽譜係、舞台担当者を擁する事務局組織を持っていること。

以上の条件を満たし、運営委員会・理事会の承認を経て総会で認められたオーケストラであること。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本のプロフェッショナル・オーケストラ年鑑 2013 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]