仙台フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙台フィルハーモニー管弦楽団
(Sendai Philharmonic Orchestra)
SendaisiSeinenBunkaCenter-SWview cropped.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市青葉区錦町1-3-9 仙台市役所錦町庁舎1階
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1973年 -
公式サイト 仙台フィルハーモニー管弦楽団
メンバー 常任指揮者
飯守泰次郎
レジデント・コンダクター
高関健
指揮者
角田鋼亮
桂冠指揮者
パスカル・ヴェロ
コンサートマスター
神谷未穂
西本幸弘

仙台フィルハーモニー管弦楽団(せんだいフィルハーモニーかんげんがくだん)は、宮城県仙台市を本拠とするプロオーケストラである。略称は「仙台フィル」「仙フィル」。運営は同名の公益財団法人が担い、事務局を仙台市役所錦町庁舎1階に置く。日本オーケストラ連盟正会員。

1989年平成元年)4月1日の仙台市の政令指定都市移行を機に、宮城フィルハーモニー管弦楽団から現称に改称し、3管編成化した[1]。英称ではドイツ語由来のフィルハーモニー(: Philharmonie)を用いず、英語に統一している。

概要[編集]

日本オーケストラ連盟所属のプロ・オーケストラの中では、全国9番目・三大都市圏以外で最大の80人弱の楽員を擁する[2]

1978年(昭和53年)のプロ化の際に山形交響楽団(山響、2管編成[3][4])から多数の楽員の移籍があったが、埼玉県以北で最大の企業である東北電力東北地方6県と新潟県が給電地域)の文化事業により、東北に本拠を置く本楽団と山響は東北各地で教育演奏を共に担い、仙台クラシックフェスティバル(せんくら)等の様々な音楽イベントを通じて、両楽団共同で4管編成[† 1]の楽曲を演奏することもある。

政令指定都市である仙台市に、事務局・予算・本拠地ホール等を依存している。そのため、仙台市が使用するキャッチコピーの「楽都仙台」に関わる演奏事業、すなわち「仙台国際音楽コンクール」(3年に1度)、「せんくら」、「萩まつり」等の市主催イベントの出演があり、また、東北電力や七十七銀行等の地元有力企業主催のコンサートが例年開催される。東日本大震災以降は、市民・県民の癒しのための活動が際立って多くなっている。

沿革[編集]

活動[編集]

主な主催公演[編集]

依頼公演・過去の演奏会・団員アンサンブル等[編集]

教育活動[編集]

常時使用されている音源[編集]

当楽団の演奏を録音した音源が、頻繁に使用されている例として以下がある。

音源使用(2018年時点)[29]
曲名 作・編曲者 用途 使用 期間
ファンファーレ 闘志躍動 内藤淳一 アンセム ベガルタ仙台のホーム戦(主にユアスタ仙台 2009年7月8日 -
青葉城恋唄 榊原光裕 発車メロディ JR logo (east).svg仙台駅 新幹線東北北海道秋田 2016年7月1日 -
すずめ踊り 仙山線
ff (フォルティシモ) 東北本線常磐線仙石東北ライン 2018年3月18日 -
Around The World 仙台空港アクセス線

主要役職[編集]

常任指揮者・音楽監督[編集]

コンサートマスター[編集]

放送[編集]

レギュラー放送
  • ラジオ3『BUONA MUSICA!』[30]
    毎週水曜16:00 – 16:30放送。
  • FMたいはく『ミュージック・ラウンジ』[31]
    帯番組の木曜を担当。毎週木曜21:00-21:55本放送、26:00-26:55再放送。
  • Date fm『サンデークラシックス』
    月1回、仙台フィルのメンバーがゲスト出演する。
  • TBCテレビ七十七スターライトシンフォニー』
    例年、12月23日に放送される。地デジでは5.1chサラウンド放送[32]
  • Date fm 『仙台フィル Wave Symphony』
    毎月第1日曜日19:00 – 19:55放送、ナビゲーターは浅野彰信(Date fm)・村上満志(仙フィル演奏事業部長)[33]。団員のゲストスピーカー出演もあり。
単発の放送

統計・決算[編集]

以下は年度別の総入場者数である。日本オーケストラ連盟から公表されている2004年度(平成16年度)以降の値を記す。2008年度(平成20年度)まで概数発表であり、2009年度(平成21年度)以降が実数発表なので、不連続なグラフとした。

年度別の総入場者数(単位:人)[34]

以下は、年度別の収入合計(黒)と支出合計(赤)、および、収入の内数である演奏収入(青)である。日本オーケストラ連盟から公表されている2004年度(平成16年度)以降の値を記す。黒線が上になっている年度は黒字、逆に赤線が上になっている年度は赤字である。このグラフの期間では、リーマン・ショック2008年9月15日)発生年度より2年間、および、東日本大震災2011年3月11日)発生の翌年度から3年間が赤字になっている。

年度別の収入合計・支出合計・演奏収入(単位:億円)[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現代音楽までの全てのクラシック音楽を演奏出来る編成。
  2. ^ 20年目となる2006年で出演は終了。2007年からは『夜空のオーケストラ in 荒町』と改称し、宮城教育大学管弦楽団が出演している。
  3. ^ 同曲をさらに榊原が編曲した曲が、仙石線仙台駅以外の同駅在来線ホームでも使用開始。
  4. ^ 仙台フィルハーモニー合唱団は2000年代まで続いたが、解散する予定との報道があった。
  5. ^ (4) イタリア共和国ローマ県との交流実績 (PDF) (宮城県) … 支倉常長ローマ教皇と謁見した繋がりから、宮城県とローマ県とが姉妹県締結をする過程でローマ公演は行われた。公演はローマ大学講堂で行われた。これを伏線として、2002 FIFAワールドカップの際に、サッカーイタリア代表アズーリ)が仙台をキャンプ地に選定し、仙台スタジアムを練習場として使用。翌年から仙台カップ国際ユースサッカー大会が開催されるようになった。

出典[編集]

  1. ^ Vol.33 クラリネット 日比野裕幸(第251回定期演奏会(2010年11月19日20日)プログラムより)(仙台フィルハーモニー管弦楽団)
  2. ^ 日本のプロフェッショナル・オーケストラ年鑑2016 (PDF) (日本オーケストラ連盟) p.139
  3. ^ <山形交響楽団の挑戦>学校演奏 経営を圧迫(河北新報 2017年3月28日)
  4. ^ スクールコンサート(山形交響楽団)
  5. ^ 仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団
  6. ^ 仙台のオーケストラの変遷(仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団の団員のウェブサイト)
  7. ^ a b SIMCについて:オーケストラ(仙台国際音楽コンクール)
  8. ^ 宮城県とローマ県の交流事業(宮城県)
  9. ^ 仙台フィルと夢の共演!青少年交流・体験コンサート(仙台・杜の響きコンサート)
  10. ^ a b c 仙台フィルが「音楽の力による復興センター」を立ち上げ東洋経済オンライン 2011年3月31日)
  11. ^ 仙台フィル第254回定期演奏会(仙台・杜の響きコンサート)
  12. ^ 第1回 仙台フィルによる復興コンサート「鎮魂、そして希望」(仙台・杜の響きコンサート)
  13. ^ a b c 沿革
  14. ^ 仙台フィルハーモニー管弦楽団メンバーによるバロック音楽(仙台・杜の響きコンサート)
  15. ^ Die Eulenspiegeleien仙台フィル入団20周年記念コンサート(仙台・杜の響きコンサート)
  16. ^ a b 映画「FOUJITA」音楽を仙台フィル担当(河北新報 2015年3月4日)
  17. ^ “<両陛下>仙フィルご鑑賞へ 17日・東京”. 河北新報. (2016年4月13日). オリジナル2016年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160416114858/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160413_13040.html 2016年4月16日閲覧。 
  18. ^ コンサート情報”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  19. ^ ~東京特別演奏会~「幻想 × レリオ」”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団. 2016年4月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  20. ^ 仙台フィルハーモニー管弦楽団 東京特別演奏会”. サントリーホール. サントリー. 2016年4月16日閲覧。
  21. ^ SendaiPhilharmonicOrchestraの投稿(580712318762691) - Facebook
  22. ^ 両陛下、地震考慮し音楽鑑賞中止 - 都内での特別演奏会”. 共同通信 (2016年4月17日). 2016年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  23. ^ a b JR東日本 仙台駅の発車メロディーを演奏しています(仙台フィルハーモニー管弦楽団 2016年6月30日)
  24. ^ a b クラシック音楽館7/17
  25. ^ 音楽になにができますか ~仙台フィル復興コンサートの記録~(NHKクラシック 2016年7月22日)
  26. ^ 第17回「七十七スターライトシンフォニー」の開催について (PDF) (七十七銀行 2007年9月25日
  27. ^ 2009年度 講師陣の紹介(仙台市 「仙台ジュニアオーケストラ」)
  28. ^ 放課後ひろば「東北電力スクールコンサート」の開催について(東北電力 2009年4月30日
  29. ^ 仙台駅発車メロディーの一部更新について (PDF)東日本旅客鉄道仙台支社 2018年3月9日)
  30. ^ BUONA MUSICA!(ラジオ3)
  31. ^ 関連ホームページ・ブログ(エフエムたいはく)
  32. ^ 七十七スターライトシンフォニー(東北放送)
  33. ^ 仙台フィルのラジオ番組がスタートします!”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団 (2016年3月8日). 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  34. ^ a b オーケストラ実績一覧(日本オーケストラ連盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]