仙台フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台フィルハーモニー管弦楽団
(Sendai Philharmonic Orchestra)
SendaisiSeinenBunkaCenter-SWview cropped.jpg
基本情報
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市青葉区錦町1-3-9 仙台市役所錦町庁舎1階
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1973年 -
公式サイト 仙台フィルハーモニー管弦楽団
メンバー 常任指揮者
パスカル・ヴェロ
首席客演指揮者
小泉和裕
ミュージック・パートナー
山田和樹

仙台フィルハーモニー管弦楽団(せんだいフィルハーモニーかんげんがくだん)は、宮城県仙台市を本拠とするプロオーケストラである。略称は「仙台フィル」「仙フィル」。運営は同名の公益財団法人が担い、事務局を仙台市役所錦町庁舎1階に置く。日本オーケストラ連盟正会員。

1989年平成元年)4月1日の仙台市の政令指定都市移行を機に、宮城フィルハーモニー管弦楽団から現称に改称した。英称ではドイツ語由来のフィルハーモニー(: Philharmonie)を用いず、英語に統一している。

沿革[編集]

活動[編集]

恒例の公演[編集]

  • 『マイタウンコンサート』(各地)

教育活動[編集]

主要役職[編集]

常任指揮者・音楽監督[編集]

コンサートマスター[編集]

放送[編集]

レギュラー放送
  • ラジオ3『BUONA MUSICA!』[15]
    毎週水曜16:00 – 16:30放送。
  • FMたいはく『ミュージック・ラウンジ』[16]
    帯番組の木曜を担当。毎週木曜21:00-21:55本放送、26:00-26:55再放送。
  • Date fm『サンデークラシックス』
    月1回、仙台フィルのメンバーがゲスト出演する。
  • TBCテレビ七十七スターライトシンフォニー』
    例年、12月23日に放送される。地デジでは5.1chサラウンド放送[17]
  • Date fm 『仙台フィル Wave Symphony』
    毎月第1日曜日19:00 – 19:55放送、ナビゲーターは浅野彰信(Date fm)・村上満志(仙フィル演奏事業部長)[18]。団員のゲストスピーカー出演もあり。
単発の放送

統計・決算[編集]

公演に関する統計

公演 会員数 総入場者数
総数 主催 依頼 海外
定期 その他
2006年平成18年)度[19] 113公演 18 19 76 0 555人 8万1300人
2007年(平成19年)度[20] 127公演 18 20 89 0 597人 8万6300人
2008年(平成20年)度[21] 117公演 18 20 79 0 598人 8万6900人
2009年(平成21年)度[22] 108公演 18 26 64 0 899人 7万6464人
決算

2006年[19] 2007年[20] 2008年[21] 2009年[22]
楽員数 74人 76人 77人 77人
収入 年間 9億1846万円 9億6720万円 8億8129万円 8億7384万円
演奏収入 4億2114万円 4億9115万円 4億1487万円 3億7451万円
民間支援 1579万円 1538万円 1750万円 1368万円
文化庁・基金 8600万円 7495万円 6800万円 7290万円
地方自治体 3億7161万円 3億6226万円 3億5271万円 3億5547万円
その他 2393万円 2346万円 2772万円 4548万円
支出 年間 8億9808万円 9億3057万円 8億9907万円 9億3428万円

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 20年目となる2006年で出演は終了。2007年からは『夜空のオーケストラ in 荒町』と改称し、宮城教育大学管弦楽団が出演している。
  2. ^ 仙台フィルハーモニー合唱団は2000年代まで続いたが、解散する予定との報道があった。
  3. ^ (4) イタリア共和国ローマ県との交流実績 (PDF) (宮城県) … 支倉常長ローマ教皇と謁見した繋がりから、宮城県とローマ県とが姉妹県締結をする過程でローマ公演は行われた。公演はローマ大学講堂で行われた。これを伏線として、2002 FIFAワールドカップの際に、サッカーイタリア代表アズーリ)が仙台をキャンプ地に選定し、仙台スタジアムを練習場として使用。翌年から仙台カップ国際ユースサッカー大会が開催されるようになった。

出典[編集]

  1. ^ 仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団
  2. ^ 仙台のオーケストラの変遷(仙台ニューフィルハーモニー管弦楽団の団員のウェブサイト)
  3. ^ a b SIMCについて:オーケストラ(仙台国際音楽コンクール)
  4. ^ 宮城県とローマ県の交流事業(宮城県)
  5. ^ a b 映画「FOUJITA」音楽を仙台フィル担当(河北新報 2015年3月4日)
  6. ^ コンサート情報”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  7. ^ ~東京特別演奏会~「幻想 × レリオ」”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団. 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  8. ^ 仙台フィルハーモニー管弦楽団 東京特別演奏会”. サントリーホール. サントリー. 2016年4月16日閲覧。
  9. ^ SendaiPhilharmonicOrchestraの投稿 (580712318762691) - Facebook
  10. ^ “<両陛下>仙フィルご鑑賞へ 17日・東京”. 河北新報. (2016年4月13日). オリジナル2016年4月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160416114858/http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160413_13040.html 2016年4月16日閲覧。 
  11. ^ 両陛下、地震考慮し音楽鑑賞中止 - 都内での特別演奏会”. 共同通信 (2016年4月17日). 2016年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月17日閲覧。
  12. ^ 第17回「七十七スターライトシンフォニー」の開催について (PDF) (七十七銀行 2007年9月25日
  13. ^ 2009年度 講師陣の紹介(仙台市 「仙台ジュニアオーケストラ」)
  14. ^ 放課後ひろば「東北電力スクールコンサート」の開催について(東北電力 2009年4月30日
  15. ^ BUONA MUSICA!(ラジオ3)
  16. ^ 関連ホームページ・ブログ(エフエムたいはく)
  17. ^ 七十七スターライトシンフォニー(東北放送)
  18. ^ 仙台フィルのラジオ番組がスタートします!”. 仙台フィルハーモニー管弦楽団 (2016年3月8日). 2016年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  19. ^ a b オーケストラ実績 2006年度 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)
  20. ^ a b オーケストラ実績 2007年度 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)
  21. ^ a b オーケストラ実績 2008年度 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)
  22. ^ a b オーケストラ実績 2009年度 (PDF) (社団法人 日本オーケストラ連盟)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]