若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」International Tchaikovsky Competition for Young Musiciansは、世界三大コンクールのひとつであるチャイコフスキー国際コンクールの姉妹コンクール、ジュニア部門として創設された。

上原彩子ラン・ランらを輩出したことから、ジュニア・コンクールの最高峰、次代のクラシック界を担う若手の登竜門として知られ、入賞者・参加者は、後に「チャイコフスキー国際コンクール」をはじめとする世界的な国際コンクールにおいて上位入賞を果たしている。

概要[編集]

主催は、ロシアの音楽機関 チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟(Association of Tchaikovsky Competition Stars、ATCS)。

審査部門は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ。参加資格は、8歳以上17以下(参加年齢・条件等は開催国によって多少異なる)。審査員は過去の「チャイコフスキー国際コンクール」の入賞者らが務める。審査方法もチャイコフスキー国際コンクールに準じ、第1次、第2次のソロ演奏に加え、第3次のファイナルにおいて、オーケストラとの共演によるコンチェルト演奏による審査が行われる。

このコンクールは、一都市で定期的に行われる通常のコンクールとは異なり、才能ある世界の若い音楽家たちに、より広くより多くのチャンスを与えるため、開催地を固定せず、世界の都市を巡って開催する“ワールドカップ・スタイル”を採用しており、これまでに、「第1回・モスクワ」(1992年:ロシア)、「第2回・ 仙台」(1995年:日本)、「第3回・サンクトペテルブルク」(1997年:ロシア)、「第4回・ アモイ」(2002年:中国)、「第5回・ 倉敷」(2004年:日本)、「第6回・水原」(2009年:韓国)で開催された。 「第6回・水原」(2009年:韓国)大会では、上野通明(13歳)が日本人として初のチェロ部門第1位を獲得した。

主催機関と協力関係にある日本のNPO法人ユーラシア交流支援センター(所在地:神奈川県藤沢市)が日本における広報・連絡窓口を務めている。

開催年、開催地及び入賞者[編集]

第1回(1992年) モスクワ[編集]

(ピアノ部門)

  • 第1位 エミリー・シェイ(アメリカ)、アレキサンドル・モギレフスキー(ロシア)
  • 第2位 エカテリーナ・メンシコヴァ(ロシア)
  • 第3位 アレクセイ・ナビウリン(ロシア)、マリアンナ・グメツカヤ(ウクライナ)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 ジェニファー・コウ(アメリカ)
  • 第2位 アレクセイ・ナゴヴィーツィン(ロシア)、パンイ・チェン(中国)
  • 第3位 ラリーサ・シャフマートワ(ロシア)

(チェロ部門)

  • 第1位 ダニエル・ミューラー=ショット(ドイツ)
  • 第2位 タチヤーナ・ワシーリエワ(ロシア)
  • 第3位 アレクサンドル・チャウシャン(アルメニア)、クラウディオ・ボホーケス(ドイツ)

第2回(1995年)仙台[編集]

(ピアノ部門)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 ピョートル・クザズニー(ポーランド)
  • 第2位 松山冴花(日本)
  • 第3位 ルー・ウェイ(中国)

(チェロ部門)

第3回(1997年) サンクトペテルブルク[編集]

(ピアノ部門)

  • 第1位 セルゲイ・バスキンスキー(ロシア)
  • 第2位 ピョートル・オフチャロフ(ロシア)、ソン・ヨルム(韓国)
  • 第3位 ポリーナ・コンドラトコワ(ロシア)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 Kong Zui BUY(ヴェトナム)
  • 第2位 Hyuk Joo KWOH(北朝鮮)、マリア・スクリャーヴィナ(ロシア)
  • 第3位 ライア・コズロフ(ロシア)

(チェロ部門)

  • 第1位 Ihn KOH BON(北朝鮮)
  • 第2位 スヴェトラーナ・ウラヂーミロワ(ロシア)、ニコライ・マフレーエフ(ロシア)
  • 第3位 アレクセイ・キセレフ(ベラルーシ)

第4回(2002年) アモイ[編集]

(ピアノ部門)

  • 第1位 チャン・ハオチェン(中国)
  • 第2位 Eun-Tack KIM(韓国)
  • 第3位 エヴゲニー・アンドレーエフ(ロシア)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 Xiao-yu YANG(中国)
  • 第2位 チェ・イェウン(韓国)
  • 第3位 エレーナ・セミョーノワ(ロシア)

(チェロ部門)

  • 第1位 Bonian TIAN(中国)
  • 第2位 Seung-min KANG(韓国)
  • 第3位 Nan JIA(中国)

第5回(2004年) 倉敷[編集]

(ピアノ部門)

  • 第1位 ユリア・チャプリーナ(ロシア)
  • 第2位 ディナーラ・ナジャーフォバ(ウクライナ)
  • 第3位 沼沢淑音(日本)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位 アイレン・プリッチン(ロシア)
  • 第2位 ベ・ウォンヘ(韓国)
  • 第3位 ソン・ユンウォン(韓国)

(チェロ部門)

  • 第1位 フョードル・アモソフ(ロシア)
  • 第2位 ホン・ウンソン(韓国)
  • 第3位 イ・ウン(韓国)

第6回(2009年)水原[編集]

(ピアノ部門)

  • 第1位Huang Nansong(中国)
  • 第2位Su Yeon KIM(韓国)、 Yu Chong WU(中国)
  • 第3位Jung Eun KIM(韓国)

(ヴァイオリン部門)

  • 第1位Sirena HUANG(アメリカ)
  • 第2位Seohyun LIM(韓国)
  • 第3位Jou Rose HSIEN(台湾)、Gye Hee KIM(韓国)

(チェロ部門)

  • 第1位上野通明(日本)
  • 第2位 Sang Eun LEE(韓国)
  • 第3位 Taeguk MUN (韓国)、Sae Bom BYUN(韓国)

歴代入賞者・参加者のその後の活躍(国際コンクール上位入賞者)[編集]

チャイコフスキー国際コンクール[編集]

  • ジェニファー・コウ(「第1回・モスクワ」ヴァイオリン:第1位 →「第10回チャイコフスキー国際コンクール」第2位(第1位該当なし)・1994年)
  • アレクセイ・ナビウリン(「第1回・モスクワ」ピアノ:第 3 位→「第12回チャイコフスキー国際コンクール」第2位及び特別賞・2002年)
  • アレクサンドル・チャウシャン(「第1回・モスクワ」チェロ:第 3 位→「第12回チャイコフスキー国際コンクール」第3位・2002年)
  • 上原彩子(「第2回・仙台」ピアノ:第2位 →「第12回チャイコフスキー国際コンクール」第1位・2002年 ピアノ部門日本人初、かつ女性として世界初)
  • ナレク・アフナザリャン(「第5回・倉敷」チェロ:第4位→「第13回チャイコフスキー国際コンクール」第5位・2007年)
  • 有希・マヌエラ・ヤンケ(「第5回・倉敷」ヴァイオリン:エントリーのみ→「第13回チャイコフスキー国際コンクール」第3位・2007年)

その他の国際コンクール[編集]

  • タチヤーナ・ワシーリエワ(「第1回・モスクワ」チェロ:第2位→ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール第1位・2001年)
  • クラウディオ・ボホーケス(「第1回・モスクワ」チェロ:第3位→カザルス国際コンクール第1位・2000年)
  • ヴァシーリー・プリマコフ(「第2回・仙台」ピアノ:第3位→クリーブランド国際ピアノコンクール第2位・1999年)
  • 松山冴花(「第2回・仙台」ヴァイオリン:第2位→エリザベート王妃国際音楽コンクール第4位・2005年)
  • モニカ・レスコヴァル(「第2回・仙台」チェロ:第1位→ロストロポーヴィチ国際チェロコンクール第3位・1997年)
  • ニー・タオ(「第2回・仙台」チェロ:第3位→アーヴィング・M・クライン国際弦楽コンクール第2位・2003年)
  • ピョートル・オフチャロフ(「第3回・サンクトペテルブルク」ピアノ:第2位→国際ベートーヴェンコンクール第3位・2005年)
  • ソン・ヨルム(「第3回・サンクトペテルブルク」ピアノ:第2位→ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール第2位・2009年)
  • Hyuk Joo KWOH (「第3回・サンクトペテルブルク」ヴァイオリン:第2位→パガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリンコンクール第2位・2004年)
  • チャン・ハオチェン(「第4回・アモイ」ピアノ:第1位→ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール第1位・2009年)
  • Ye-eun CHOI(「第4回・アモイ」ヴァイオリン:第2位→インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール第5位・2006年)
  • エレーナ・セミョーノワ(「第4回・アモイ」ヴァイオリン:第3位→パガニーニ・モスクワ国際ヴァイオリンコンクール第1位・2003年)
  • Bonian TIAN(「第4回・アモイ」チェロ:第1位→アントニオ・ヤニグロ・チェロ国際コンクール第2位・2008年)
  • Seung-min KANG(「第4回・アモイ」チェロ:第2位→第3回ヨハンセン国際コンクール第1位・2003年)

など

参考文献[編集]

  • 第5回若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール組織委員会編「倉敷から翔び立つ未来の巨匠たち」

外部リンク[編集]