ジョニーが凱旋するとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ジョニーが凱旋するとき』(When Johnny Comes Marching Home)は、アイルランド出身の音楽家パトリック・ギルモアによるアメリカ民謡または行進曲。『ジョニーが帰るとき』ともいわれる。

概要[編集]

南北戦争の最中の1863年、北軍のバンド指揮者であったパトリック・ギルモアが、北軍で歌われていた酒宴の歌(Johnny Fill Up the Bowl)のメロディに新しい歌詞をつけてバンド曲に編曲したものである。元となった"Johnny Fill Up the Bowl"自体も、17世紀に英国で生まれたバラード曲に適当な替え歌をつけて歌ったもので様々なバージョンが知られているが、南軍兵を擬人化した「ジョニー」(Johnny)に対して杯を満たせと連呼する歌であり、全体として南軍側の政府・大統領・軍隊・人民などを蔑んだ内容となっていた。ギルモアの回想によると、戦場で兵士が口ずさんでいた北軍のはやり歌のメロディーが頭に残り、「ジョニー」の帰還を迎え讃える歌詞をつけたという。[1]

なおメロディーが同じである反戦歌『あのジョニーはもういない』(Johnny I Hardly Knew Ye)は1867年に発表されかつ元は別のメロディが使われており、反戦歌の替え歌とするのは誤りである[2]

「ジョニーが凱旋するとき」は南北戦争当時非常に人気があり、北軍のみならず南軍でも歌われた。[3] また英国でもヒット曲となった。[4]

歌詞[編集]

勝利し整然と行進して帰還する事を期待する歌詞の為「凱旋」と翻訳されているが英語のタイトル・歌詞には「凱旋(triumph)」などの言葉は無い。「凱旋」に当たる部分は"comes marching home"であり戦地に出立した時と同じ様に「行進しながら家に(帰って)来る」である。本当であるかはともかくギルモアは南軍で戦っていた婚約者の安全な帰還を願う彼の姉妹の為にこの歌詞を書いたと言われる。[5][6]兵士を鼓舞する為と言うよりかは家族や親しい者の無事の帰還を願う歌詞である。

When Johnny comes marching home again ジョニーが再び行進しながら家に帰って来る時には、
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!(歓呼で迎える声)
We'll give him a hearty welcome then 私達は心からの歓迎で迎えるだろう。
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!
The men will cheer and the boys will shout 男達は喝采し、男の子達は叫び、
The ladies they will all turn out 淑女は皆が迎えに出て来る。
And we'll all feel gay そして皆が陽気になるだろう、
When Johnny comes marching home. ジョニーが行進しながら家に帰って来る時には。

The old church bell will peal with joy 村の古い教会は喜びの鐘を鳴らすだろう、
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!
To welcome home our darling boy, 私達の愛する男の子を迎えるために。
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!
The village lads and lassies say 村の若者と女の子達は声を掛ける、
With roses they will strew the way, 道に撒く為の薔薇の花を持ち。
And we'll all feel gay そして皆が陽気になるだろう、
When Johnny comes marching home. ジョニーが行進しながら家に帰って来る時には。

Get ready for the Jubilee, 祝賀の準備をしよう、
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!
We'll give the hero three times three, そして我等の英雄に3度の栄誉の歓呼を送ろう。
(three times threeとは栄誉を讃える掛け声"hip hip hooray"を3唱する事。"hurrah"は"hooray"の変種)
Hurrah! Hurrah! フラー!フラー!
The laurel wreath is ready now 月桂冠は用意出来た、
To place upon his loyal brow 誠実な彼の頭に載せるために。
And we'll all feel gay そして皆が陽気になるだろう、
When Johnny comes marching home. ジョニーが行進しながら家に帰って来る時には。

Let love and friendship on that day, その日は愛情と友情の日としよう、
Hurrah, hurrah! フラー!フラー!
Their choicest pleasures then display, 愛情と友情の最上の喜びを示す為に。
Hurrah, hurrah! フラー!フラー!
And let each one perform some part, そして誰もが何かしら出来るようにしよう、
To fill with joy the warrior's heart, 私達の戦士の心を喜びで満たす為に。
And we'll all feel gay そして皆が陽気になるだろう、
When Johnny comes marching home. ジョニーが行進しながら家に帰って来る時には。

挿入歌としての使用例[編集]

日本では、日本映画の『塀の中の懲りない面々』やアメリカ映画の『博士の異常な愛情』、『ダイ・ハード3』、『7月4日に生まれて』などにも使われていることで有名。他には『風と共に去りぬ』、『第十七捕虜収容所』、『西部開拓史』、『スモール・ソルジャーズ』などのアメリカ映画で使用されているほか、日本のアニメ作品である『BLACK LAGOON Roberta's Blood Trail』 のOVA版ED曲、『ガールズ&パンツァー』劇場版の劇中曲としても使用されている。なお、本来は悲壮感漂う音楽であることから暗いシーンで使われることが多いが、『ダイ・ハード3』ではテンポをあげて勇ましい曲調に編集し、ニューヨーク連邦準備銀行の金庫からテロリストが金塊を奪取するシーンで、また『ガールズ&パンツァー』劇場版では登場人物が調理中に鼻歌で歌ったり、勇壮な戦車戦のシーンで使われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Lighter, Jonathan (2012). "The Best Antiwar Song Ever Written". Black Willow Press. ISBN 978-1935243892. 
  2. ^ Lighter, p. 28-29
  3. ^ Erbsen, p. 68
  4. ^ Lighter, p. 15.
  5. ^ Peterson, Patti Jo (August 30, 2007), “The House that O'Rourke Built”, The Plattsmouth Journal, p. 5 
  6. ^ Peterson, Patti Jo (June 15, 2006), “The O'Rourke House”, The Plattsmouth Journal, p. 11