グレブ・ニキティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
グレブ・ニキティン
生誕 1964年????
出身地 ロシアの旗 ロシア
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

グレブ・ニキティンGleb Nikitin1964年 - )はロシア出身のヴァイオリニスト指揮者で、現在は札幌大谷大学短期大学部教授をしている。両親は、共にピアニストだった。

経歴[編集]

1964年、ロシアのモスクワに生まれる。6歳からピアノを、8歳からヴァイオリンを学ぶ。1984年モスクワ音楽院に入学し、ヴァレリー・クリモフに師事。1989年に同音楽院ヴァイオリン科を卒業。また、レオニード・ニコラエフに師事し、1992年に同音楽院指揮科を卒業。

コンサートマスターとしての仕事[編集]

1988年ズービン・メータドミトリー・キタエンコ指揮による米ソ合同オーケストラにてコンサートマスターを務める。その他にも、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団のゲストコンサートマスター、モスクワボリショイ劇場管弦楽団のアソシエイト・コンサートマスター、ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団のソロ・コンサートマスターを経て、1993年札幌交響楽団コンサートマスターに就任。1998年から2000年9月まで同団首席コンサートマスターを務めた。

2000年10月から2006年3月まで東京交響楽団のコンサートマスター、京都市交響楽団のコンサートマスターを経て、2008年7月1日より東京交響楽団第1コンサートマスターに就任。2007年9月にはゲストコンサートマスターとしてモントリオール交響楽団に招かれ、ケント・ナガノと共演。

ヴァイオリンコンクール[編集]

  • 1988年イタリアナポリのアルベルト・クルチ国際ヴァイオリンコンクール入賞。
  • 1990年イタリア・ゴリツィアのロドルフォ・リビツェル国際ヴァイオリンコンクール第3位受賞。

指揮者としての仕事[編集]

ボリショイ劇場で芸術監督アレクサンドル・ラザレフの下、副指揮者を務めたのを皮切りに、トムスク・フィル、札幌交響楽団、クロアチア室内合唱団、東京交響楽団チェンバーオーケストラなどを指揮している。 また、札幌大谷大学短期大学部でも指揮をしている。

参考文献[編集]

  • 『札幌交響楽団50年史 1961-2011』 公益財団法人 札幌交響楽団編、2011年

外部リンク[編集]