ヴァレリー・クリモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァレリー・アレクサンドロヴィチ・クリモフ: Валерий Александрович Климов、 Valery Alexandrovich Klimov、1931年10月16日 キエフ - )はウクライナ出身のソビエト連邦ロシアヴァイオリニストソ連人民芸術家1989年授与)。キーロフ歌劇場の指揮者を務めたアレクサンドル・クリモフの息子。

概要[編集]

父親に手ほどきを受けたあと、オデッサストリャルスキー音楽学校ヴァイオリンを学ぶ。1951年キエフ音楽院に入学、その後、モスクワ音楽院に進みダヴィッド・オイストラフに師事した。在学中から演奏活動を始め、数多くの音楽コンクールに参加、1951年、ベルリンで開催された世界青年学生祭典での入賞を皮切りに、1955年ロン=ティボー国際コンクールで第6位入賞、1956年プラハの春国際音楽コンクールで優勝、1958年の第1回チャイコフスキー国際コンクールで優勝したことにより、第一級のヴァイオリニストとして認められ、世界各地で活躍するようになる。

演奏活動とともに教育にも力を入れ、各国で講座を開いている。1974年のオイストラフの死により、その後を受けてモスクワ音楽院で、また、1989年からはザールブリュッケン音楽大学でそれぞれヴァイオリン教授を務めた。

1962年ロシア連邦共和国功労芸術家1971年ロシア連邦共和国人民芸術家、1989年にソ連人民芸術家の称号を授与されている。

メロディアベートーヴェンメンデルスゾーンハチャトゥリアンなどの協奏曲をはじめ、数多くの録音を残している。