ドミトリー・キタエンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドミトリ・キタエンコ(Дмитрий Китаенко / Dmitri Kitaenko, 1940年8月18日 - )は、ロシア指揮者モスクワ音楽院教授。

サンクトペテルブルク(当時レニングラード)に生まれた。レニングラード音楽院モスクワ音楽院で学んだ後、ウィーン音楽アカデミーハンス・スワロフスキーに師事した。1969年、カラヤン・コンクールで第2位となった。1970年、スタニスラフスキー=ネミローヴィチ-ダンチェンコ音楽劇場モスクワ)の芸術監督に就任した。1972年、ソビエト国立交響楽団と初来日した。1976年から20年間、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督、首席指揮者の地位にあった。1990年、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督・首席指揮者、フランクフルト放送交響楽団ベルン交響楽団の首席指揮者に就任した。1999年から2004年まで、KBS交響楽団の首席指揮者を務めた。

1972年初来日。NHK交響楽団等に客演している。

先代:
キリル・コンドラシン
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
芸術監督・首席指揮者

1976–1990
次代:
ヴァシリー・シナイスキー
先代:
エリアフ・インバル
フランクフルト放送交響楽団
首席指揮者

1990–1997
次代:
ヒュー・ウルフ
先代:
アルド・チェッカート
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督・首席指揮者

1990–1998
次代:
シモーネ・ヤング
先代:
ペーター・マーク
ベルン交響楽団首席指揮者
1990–2004
次代:
アンドレイ・ボレイコ
先代:
チョン・ミョンフン
KBS交響楽団首席指揮者
1999–2004
次代:
-