アルド・チェッカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルド・チェッカート
Aldo Ceccato.jpg
基本情報
生誕 (1934-02-18) 1934年2月18日
出身地 イタリアの旗 イタリアミラノ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

アルド・チェッカートAldo Ceccato, 1934年2月18日 ミラノ – )はイタリア指揮者

経歴[編集]

1934年、ミラノ生まれ。セルジュ・チェリビダッケの助手を務めた後、1973年から1977年までデトロイト交響楽団、そして1985年から1990年までベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督を務めた。

音楽[編集]

ヴィクトル・デ・サバータの娘と結婚したことから、ハイペリオン・レーベルにサバータの管弦楽曲集を録音している。また、マーラー編曲したシューマンの4つの交響曲も録音した。オペラ指揮者としては、1971年ベヴァリー・シルズと共演して、ドニゼッティの《マリア・ストゥアルダ》とヴェルディの《椿姫》を録音した。

註・外部リンク・参考資料[編集]

先代:
カルステン・アンデルセン
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者
1985–1990
次代:
ドミトリー・キタエンコ
先代:
ヘスス・ロペス・コボス
スペイン国立管弦楽団首席指揮者
1991–1994
次代:
ホセップ・ポンス
先代:
レオシュ・スワロフスキー
ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者
c. 1995– c. 2002
次代:
ペトル・アルトリフテル