シモーネ・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シモーネ・ヤング
Simone Margaret Young
Simone Young 2010 - Portrait by Bertold Fabricius.jpg
基本情報
生誕 (1961-03-02) 1961年3月2日(56歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリアシドニー
学歴 ニューサウス・ウェールズ州音楽院卒
ジャンル クラシック
職業 指揮者
活動期間 1985年 -
レーベル OEHMS CLASSICS

シモーネ・マーガレット・ヤングSimone Margaret Young, 1961年3月2日 - )は、オーストラリアシドニー出身の指揮者

来歴[編集]

母方の家系はクロアチアの出身である。

ニューサウス・ウェールズ州音楽院(現・シドニー大学附属シドニー音楽院)で作曲指揮ピアノを専攻する。1985年にオーストラリア・オペラコレペティートル、指揮者助手に起用されチャールズ・マッケラスリチャード・ボニングカルロ・フェリーチェ・チラーリオスチュアート・チャレンダーらに師事する。1985年にシドニー・オペラハウスで指揮者デビューする。1986年に「オーストラリア最優秀新人賞」を受賞し、オーストラリア芸術評議会奨学生としてドイツへ留学する。

ドイツではケルン歌劇場ドイツ語版ジェームズ・コンロンに師事、ベルリン国立歌劇場ダニエル・バレンボイムに師事する。1993年、ウィーン国立歌劇場に女性指揮者としてデビューを飾る。以後、ウィーン国立歌劇場には頻繁に出演している。1996年にハンブルク州立歌劇場にデビューする。2000年のドゥブロヴニク音楽祭でザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮する。ドイツを中心に指揮活動を行い、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・コーミッシェ・オーパーミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団シュターツカペレ・ドレスデンバイエルン国立歌劇場ニューヨーク・フィルハーモニックメトロポリタン歌劇場ロイヤル・オペラ・ハウスロンドン・フィルハーモニー管弦楽団オペラ・バスティーユとの共演多数である。

1998年から2002年までベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、2001年から2003年までオーストラリア・オペラ首席指揮者を務める。2000年に開催されたシドニーオリンピックでは、開会式でシドニー交響楽団を指揮し、オーストラリア国歌「アドヴァンス・オーストラリア・フェア」を演奏した。2005年5月からハンブルク州立歌劇場総支配人ハンブルク・フィルハーモニカー首席指揮者を兼任する。このハンブルク州立歌劇場総支配人は、過去にカール・ベームクリストフ・フォン・ドホナーニらがなっており、女性指揮者の就任は初のケースとなった。同年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を女性指揮者として初めて指揮した。2006年ハンブルク音楽演劇大学教授に就任した。

ワーグナー・オペラを得意としている。正指揮者になってからもコレペティートルとしてピアノ伴奏を担当することがある。

日本での演奏は1997年にNHK交響楽団と共演して以降、頻繁に来日公演を行っている。

私生活では語学教師の男性と結婚し、娘が2人いる。

2004年にオーストラリア勲章英語版を受章した。

先代:
ドミトリー・キタエンコ
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者
1999年 – 2002年
次代:
アンドリュー・リットン
先代:
リチャード・ボニング
オーストラリア・オペラ音楽監督
2001年 – 2003年
次代:
リチャード・ヒコックス
先代:
インゴ・メッツマッハー
ハンブルク州立歌劇場総支配人・音楽総監督
ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督

2005年 – 2015年
次代:
ケント・ナガノ