ケイト・ダグラス・ウィギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィギン

ケイト・ダグラス・ウィギン(Kate Douglas Wiggin、1856年9月28日 - 1923年8月24日)はアメリカ小説家ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。旅先の英国で、肺炎により66歳で死去。『少女レベッカ』などの児童文学作品で知られる。

作品[編集]

  • The Birds's Christmas Carol (1887) 「クリスマスの天使」(谷村まち子訳、1972年)
  • Polly Oliver's Problem (1896)
  • The Diary of a Goose Girl (1902)
  • Rebecca of Sunnybrook Farm (1903) 「少女レベッカ」(訳は多種あり)
  • Rose O' the River (1905)
  • The New Chronicles of Rebecca (1907) 「レベッカの青春」(大久保康雄訳、1971年)
  • Mother Carey's Chickens (1911) 「ケレー家の人々」(村岡花子訳、1964年)
  • Penelope's English Experiences
  • Penelope's Experiences in Scotland
  • Penelope's Irish Experiences
  • Penelope's Postscripts

外部リンク[編集]