馬場孤蝶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
馬場孤蝶
Kochō Baba.jpg
1914年頃
ペンネーム 馬場孤蝶
誕生 馬場勝弥
1869年12月10日
現・高知市
死没 (1940-06-22) 1940年6月22日(満70歳没)
現・東京都渋谷区
墓地 谷中霊園
職業 英文学者評論家翻訳家
慶應義塾大学教授
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 明治学院
活動期間 1902年 - 1936年
ジャンル 評論、随筆、翻訳
文学活動 文学界明星三田文学
代表作 『明治の東京』『明治文壇の人々』
欧州大陸文学の翻訳
デビュー作 『酒匂川』(新体詩)
配偶者 源子
子供 照子・晴子・昂太郎
親族 馬場辰猪(次兄)
テンプレートを表示

馬場孤蝶(ばば こちょう、1869年12月10日明治2年11月8日) - 1940年昭和15年)6月22日)は、英文学者評論家翻訳家詩人慶應義塾大学教授。

生涯[編集]

孤蝶は土佐藩士馬場来八の四男として、土佐郡(現・高知市)に生まれた。本名は『勝弥』といい、19歳上の次兄に自由民権運動家の馬場辰猪がいる。病弱で就学せずに、1978年両親と上京し、下谷茅町(現・台東区池之端二丁目)の忍ヶ丘小学校から三菱商業学校に進んで中退し、1884年から、共立学校で英語を学んだ。少年期から寄席に入り浸った[1]浄瑠璃を語った。弓術盆栽将棋・パイプ・俳画・古書漁り・旅行と、趣味が広かった。

明治学院24年度卒業写真、中央列右から3番目が孤蝶、最後列左から2番目が島崎藤村、4番目が戸川秋骨

1889年(明治22年)(20歳)、明治学院2年に入学し、島崎藤村戸川秋骨と同級になった。1891年卒業後、各地で中学の英語教師を勤め、その間の1893年1月創刊の文学界に、秋から加わり、詩、小説、随筆を載せた。1894年3月、樋口一葉宅を初めて訪れ、また、斎藤緑雨、秋骨、平田禿木上田敏と交わった。皆、文学界の同人だった。

1899年、銀子をめとり、のち、照子・晴子・昂太郎を得た。

1897年(明治30年)(28歳)、日本銀行の文書課員となり、かたわら文学界へ、それの廃刊後は明星へ、投稿を続けた。1906年1月、第二次『芸苑』の発行名義人となり、17冊を出した。生田長江が同人として兄事した。

1906年、慶應義塾大学文学部教授となって、欧州大陸文学を講じた。孤蝶は永井荷風教授の先任に当たる。教授になった頃から詩・小説からは遠ざかり、翻訳、随筆をもっぱらにした。

1907年(明治40年)(38歳)、生田長江の『閨秀文学会』の講師を引き受けた。1908年、樋口一葉の日記を校正した[2]。1912年、3回目の『樋口一葉全集』(博文館の『二冊本』)を編集した。1913年、青鞜社の講演会で『婦人のために』を講演し、また、大杉栄荒畑寒村らの『近代思想』社の集会に顔を出した[3]

1915年の衆議院議員選挙に、夏目漱石、生田長江、森田草平平塚らいてう堺利彦らの応援を得て立候補し、落選した。その翌年の山川均青山菊栄の結婚の媒酌を勤めた。面倒見がよかった。

1923年、関東大震災の際の流言による朝鮮人虐殺事件の起こる最中に、朝鮮人を擁護する発言をしたことで人々に包囲され、ついには警察に検束された[4]

1930年(昭和5年)(61歳)、慶應義塾大学を退職した。孤蝶の教え子に、水木京太、佐藤春夫西脇順三郎などがいた。

1940年(71歳)、肝臓癌腹膜炎を併発し、渋谷区松濤の自宅で没した。墓は谷中霊園にある。孤蝶の遺志により、随筆集『明治の東京』と『明治文壇の人々』が、1942年に出版された。

おもな文業[編集]

各列の → の後ろは、2010年に最も近いと思われる改版。

創作・評論[編集]

  • 『無名氏に謝す』、「『清風録』、研文学会(1902)」所収
  • 『野守草』(文集)、新聲社(1902)
  • 『連翹』(文集)、久友社(1905)
  • 『春駒』、佐久良書房(1906)
  • 『日記を通して見たる樋口一葉』、早稲田文学誌(1911.4)→ 「明治文学全集30(1972)」所収
  • 『近代文芸の解剖』、広文堂書店(1914)
  • 『社会的近代文芸』、東雲堂書店 生活と芸術叢書1(1915)→ 日本図書センター 近代文芸評論叢書24(1992)ISBN 9784820591535
  • 『世界名著解題』、誠文堂(1927)→ 「紀田順一郎:『近代名著解題選集1』、クレス出版(2006)ISBN 9784877333287」所収
  • 『政治文学』、岩波講座世界文学8、岩波書店(1933)
没後
  • 『酒匂川、想界漫渉、片羽のをしどり、地下へ、社会的文学に就て、善き人なりし大杉君』:「講談社 日本現代文学全集 9(1965)」所収
  • 『酒匂川』ほか新体詩12篇:「明治文学全集60(1972)」所収
  • 『片羽のをしどり、流水日記、みをつくし、かたみの絵姿、柴刈る童、雪の朝、想海漫渉、蝶を葬むるの辞』、「明治文学全集32(1973)」所収

随筆[編集]

  • 『葉巻のけむり』、廣文堂書店(1914)→「『馬場孤蝶随筆集成1』、本の友社(2001)
  • 『闘牛』、天佑社(1919)→ 「『馬場孤蝶随筆集成2』、本の友社(2001)
  • 『鸚鵡蔵』、二松堂書店 表現叢書12(1923)→ 「『馬場孤蝶随筆集成3』、本の友社(2001)
  • 『孤蝶随筆』、新作社(1924)→ 「『馬場孤蝶随筆集成4』、本の友社(2001)
  • 『紫煙』、大阪屋書店(1925)→ 「『馬場孤蝶随筆集成5』、本の友社(2001)
  • 『野客漫言』、書物展望社(1933)→ 『馬場孤蝶随筆集成6』、本の友社(2001)
  • 『明治文壇回顧』、協和書院(1936)→ 「『馬場孤蝶随筆集成7』、本の友社(2001)
没後
  • 『明治の東京』、中央公論社(1942)→ 文元社 教養ワイドコレクション(2004)
  • 『明治文壇の人々』、三田文学出版部(1942)(『孤蝶随筆』などからの再編集)→ ウェッジ文庫(2009)

訳書[編集]

  • 『やどり木』(訳文集)、弘文社(1903)
  • 『泰西名著集』、如山堂(1907)
  • ドストエフスキー:『小児の心』、『博徒』、明星(1908)→ 大空社 明治翻訳文学全集. 新聞雑誌編45(1998)
  • マキシム・ゴルキイ:『国事探偵』、昭文堂(1910)→ 「『ゴオルキイ全集4』、日本評論社出版部(1921)」所収
  • モオパッサン:『モオパツサン傑作集』(親殺、初雪、月夜、鐘の音、負債、月かげ)、如山堂書店、(1914)、付『モオパツサンと紀行』(孤蝶)
  • トルストイ:『戦争と平和』、国民文庫刊行会 泰西名著文庫(1914)(英訳からの重訳)→ 国民文庫刊行会 世界名作大観 各国篇 附録6 - 8(1925 - 1927)
  • ホーマア:『イーリアス|イリアード』、国民文庫刊行会 泰西名著文庫(1915)→ 世界文豪代表作全集刊行会 世界文豪代表作全集1巻(1928)
  • モオパツサン:『戦塵』、如山堂書店(1915)→ 「三田文学会:『三田文選』、玄文社出版部(1919)」所収
  • クロポトキン:『露西亜文学講話』、アルス(1920)
  • クロポトキン:『露西亜文学の理想と現実』、アルス(1922)
  • シエンキイウイツチ:『灯台守』、「近代社 世界短篇小説大系 南欧及北欧篇(1926)」所収
  • ホオソオン:『緋の文字』、国民文庫刊行会 世界名作大観 英国篇14(1927)
  • デイッケンス:『オリヴァー・ツゥイスト』、改造社 世界大衆文学全集9、(1930)→ 改造社 世界大衆文学名作選集17(1939)
没後
  • 大空社 明治翻訳文学全集 新聞雑誌編の29(1999)、31(1997)、32(1999)、33(2000)、43(2000)、44(2000)、45(1998)に、多くの馬場訳が再録されている。

出典[編集]

  • 「筑摩書房、明治文学全集60、明治詩人集1(1972)」巻末の、松村綠編:『年譜』
  • 「筑摩書房、明治文学全集32、女学雑誌・文学界集(1973)」巻末の、石丸久編:『年譜』
  • 「『明治の東京』、現代教養文庫(1992)ISBN 9784390114202」巻末の、槌田満文:『解説』
  • 国会図書館OPAC

脚注[編集]

  1. ^ 『昔の寄席』ほか、(『明治の東京』所収)
  2. ^ 『日記を通して見たる樋口一葉』、早稲田文学誌(1911.4)」→ 「筑摩書房 明治文学全集30(1972)」所収
  3. ^ 「近代思想」における大杉栄の批判の実践性について」p.160
  4. ^ 帝都罹災児童救援会(編) 国立国会図書館デジタルコレクション 『関東大震大火全史』 帝都罹災児童救援会、1924年、314-315頁http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/981875/195 国立国会図書館デジタルコレクション