石本三十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石本 三十郎(いしもと さんじゅうろう、1862年12月23日文久2年11月3日) - 1896年明治29年)10月11日)は日本の教育者である。

1862年(文久2年)肥前国大村(現・長崎県大村市)の酒屋山口儀三郎・たみの次男として生まれた。後に、叔父である石本徳蔵の養子になり石本姓を受け継ぐ。1875年(明治8年)の夏、熊野与熊野雄七の父)により才能を買われ、共に横浜に行きヘボン塾で学ぶ。1877年(明治10年)日本基督公会(現・日本キリスト教会横浜海岸教会)の仮牧師のジェームス・ハミルトン・バラ宣教師より洗礼を受ける。そして、日本基督公会の会員になる。

最初は医学を学ぼうとしたが、バラより教育者になることを進められ、築地大学校で学び、1882年(明治15年)に卒業し、築地大学校で英語の授業を担当した。1887年(明治20年)にヘボン塾の同級生の服部綾雄の妹秋山すぐと結婚する。

1891年(明治24年)に明治学院に神学部が新設され、そこで英学、万国史物理学を教えた。1893年米国のプリンストン大学に留学する。留学中に腸チフスにかかり、1896年10月11日米国で客死する。遺体はプリンストン墓地に葬られた。

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 『長老・改革教会来日宣教師事典』新教出版社、2003年