松浦郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長崎県松浦郡の位置

松浦郡(まつらぐん)は、長崎県肥前国、一部は現在の佐賀県)にあった

郡域[編集]

概ね現在の下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。肥前国で最大の面積を持つ郡であった。

歴史[編集]

古代[編集]

魏志倭人伝』に見える「末廬国」は松浦のことと考えられており、現在の唐津市付近と想定されている。

郡衙は現在の唐津市内に置かれていたと推定されている。

日本三代実録貞観18年3月9日条(876年)には、当時の大宰権帥在原行平の建言により肥前国のうち松浦郡庇羅郷と同郡値賀郷を分けて値嘉島(ちかのしま)を設置し、同嶋内に上近郡(かみつちかのこおり)と下近郡(しもつちかのこおり)を置くことを認めたとの記録がある。現在の平戸島及び五島列島とその近辺の島を区域とし、島府と上近郡家が平戸に、下近郡家が五島列島内にいずれかに置かれたと推定されている。記事から半世紀足らずの10世紀始めに編纂された「延喜式」には値嘉島の記載はなく、それまでに値嘉島は廃され肥前国松浦郡に復したものとみられる。[1]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
松浦郡 2座(大1座・小1座)
田島坐神社 タシマノ- 名神大 田島神社 佐賀県唐津市呼子町加部島 [1]
志志伎神社 シシキノ 志々伎神社 長崎県平戸市野子町
凡例を表示

近世以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は東松浦郡#郡発足までの沿革西松浦郡#郡発足までの沿革北松浦郡#郡発足までの沿革南松浦郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ 「図説長崎県の歴史」外山幹夫責任編集、河出書房新社刊(1996年)
  2. ^ 明治初年の町村の再編により、町村数の合計は「旧高旧領取調帳」の記載とは一致しない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年
次代:
東松浦郡西松浦郡
北松浦郡南松浦郡