倉敷アイビースクエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社倉敷アイビースクエア
Kurashiki Ivy Square
倉敷アイビースクエア - 正面アーチ.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
710-0054
岡山県倉敷市本町7-2
設立 1974年5月
業種 サービス業
法人番号 -
事業内容 ホテルおよび付帯する施設の運営
代表者 藤原 秀則(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 22億7700万円(2019年度)
純利益 ▲5億0240万5000円
(2021年03月31日時点)[1]
総資産 13億4918万7000円
(2021年03月31日時点)[1]
従業員数 198名(2020年4月1日現在)
決算期 3月
外部リンク https://www.ivysquare.co.jp/
テンプレートを表示
正面玄関

倉敷アイビースクエア(くらしきアイビースクエア、: KURASHIKI IVY SQUARE)は、岡山県倉敷市にあるホテルを中心にした複合観光施設。

概要[編集]

当施設は、江戸幕府の代官所跡に、1889年明治22年)に建設された倉敷紡績創業の旧工場で、1973年昭和48年)に改修され、観光施設として再生された。倉敷紡績の関連会社 株式会社倉敷アイビースクエアが経営・管理し、現在も倉敷紡績の登記上の所在地である。場所は倉敷美観地区に含まれ、建物は2007年平成19年)11月30日に経済産業省より「近代化産業遺産」に認定されている。

建物・施設[編集]

アーチが象徴的な広い東正面玄関は主に宿泊客が利用し、タクシーや観光バスもこちらに乗り入れる。西側入口はかつて従業員が出入りした通用門で、現在は美観地区側からの徒歩による観光客が多く利用しており、周辺も賑やかである。

広場を囲むようにホテル、レストラン、各種宴会場、倉紡記念館などの各種施設が配されている。また、アイビースクエアの由来となった赤レンガの外壁を覆うは、工場であった頃に内部の温度調節のために植えられた。

ホテル[編集]

倉庫を改造した2階建、内側の部屋からは中庭が観え、秋は銀杏の紅葉が楽しめる。客室は2020年10月に全館リニューアルを完了し、木の素材を生かしたナチュラルテイストなものとなっている。

館内施設[編集]

  • 倉紡記念館 - 日本の紡績産業の歴史を背景に倉敷紡績の史料を年代順に展示
  • アイビー学館 - 倉敷紡績所創業当時の混打綿室を改装したイベント・展示スペース
  • 愛美工房 - 陶芸教室
  • 愛美工房売店
  • アイビーショップ
  • メタセコイア - 結婚式場
  • レストラン 「蔦」
  • パブリックバー「赤煉瓦」

イベント[編集]

  • 夏期は広場でビアガーデンが開かれる。

周辺関連施設[編集]

  • 駐車場 - 120台、宿泊者は1泊500円で利用可能。
  • フローラルコート - 多目的ホール。

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

OOjs UI icon map-ltr-progressive.svg 地図を見る

周辺施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度35分40.7秒 東経133度46分25.1秒 / 北緯34.594639度 東経133.773639度 / 34.594639; 133.773639