統一共産同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

統一共産同盟(とういつきょうさんどうめい)は、日本の新左翼党派の一つで、構造改革派(構改派)に由来を発する党派である。略称は「統共同」。機関紙「現代革命」(月1回発行)。

名称が似ているが共産主義者同盟 (統一委員会)とは、まったく別の党派である。ただし、両者は共闘関係にある[1]

概要[編集]

1961年、日本共産党大阪市立大学党細胞が離党して結成された。当初は「構造改革」を標榜し、結成当初の名称は「平和と社会主義をめざす学生同盟」であった。その後、1970年頃に構造改革路線から離れ、独自の路線をとるようになった。

学生運動が盛んだった1970年代中核派革マル派に比べると、かなりマイナーな党派であったことは否めない。しかし1990年代に入り、他党派が「大衆闘争路線」を標榜して非合法活動を手控える中、今上天皇国民体育大会出席を幾度も妨害するなどして、一躍脚光を浴びることとなった。

現在、天皇制廃止論を唱える新左翼系活動者集団「反天皇制運動連絡会」とともに反皇室闘争の一翼を担っている。

備考[編集]

団体の公式サイトは存在せず、機関紙「現代革命」については第三種郵便物の認可も受けていない。

参考文献[編集]

  • 月刊治安フォーラム』2006年4月号

脚注[編集]

関連項目[編集]