ムーブメント連帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーブメント連帯
設立年 2001年
地位 新左翼文化多元主義
公用語 日本語
重要人物 重信房子
関連組織 重信房子さんを支える会、帰国者の裁判を考える会
ウェブサイト ムーブメント連帯のブログ
日本赤軍」の事実上の後継組織である[1]

ムーブメント連帯(ムーブメントれんたい)は、日本の新左翼党派の一つ。2000年代に日本赤軍の事実上の後継組織として結成された。

概要[編集]

日本赤軍の最高幹部重信房子は、2001年4月に獄中から「日本赤軍の解散」を宣言した。5月には、組織もそれを追認した。しかし、日本赤軍のネットワークは依然として健在であり、同年12月に新左翼組織「連帯」として活動を再開した(後に「ムーブメント連帯」と改名)[1]。2003年には、パレスチナ人民との連帯を標榜し「日本-パレスチナ・プロジェクト・センター(略称:JAPAC)」を発足させた。

2003年5月の「パレスチナに献花を!5・30集会」で、同組織が「リッダ闘争(一般市民への無差別銃撃を行い100人以上の死傷者を出したテルアビブ空港乱射事件のこと)の意義を守り抜き,その犠牲的精神を受け継ぐ」旨を明らかにしているため、公安警察はムーブメント連帯を「極左暴力集団」とみなし、監視を続けている。「ムーブメント連帯のブログ」が事実上の公式サイトとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本赤軍及び「よど号」グループの動向『焦点』第271号、2005年12月、警察庁

参考文献[編集]

  • 警備研究会『わかりやすい極左・右翼・日本共産党用語集(三訂)』立花書房、2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]