先駆性理論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

先駆性理論(せんくせいりろん)または先駆性論(せんくせいろん)とは、日本の新左翼政治思想の一つ。「層学論」(層としての学生運動論)と並ぶ日本の代表的な学生運動理論である。

概要[編集]

従来の共産主義理論において、学生資本家階級と労働者階級の間に位置する中産階級、いわゆる「プチブル」とされ、革命の主体にはなりえないとされてきた。しかしマルクーゼの理論の影響を受け、新左翼は新たに「先駆性理論」を掲げるようになった。

学生はプロレタリアートに比べて身軽な存在であるため、他に先駆けて「敵の策謀」を見抜き、警鐘を鳴らさなければならないというものである。つまり「学生運動」は革命の方向性を決定付ける、重要な革命運動に他ならないとされる。

参考文献[編集]

  • 警備研究会編『極左暴力集団・右翼101問』立花書房、1995年

関連項目[編集]