反天皇制運動連絡会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
反天皇制運動連絡会
略称 反天連
設立年 1984年
種類 市民団体
目的 天皇制の廃止に向け活動する。
本部 日本の旗 日本
位置 新左翼天皇制廃止論、反日の丸君が代、反排外主義
メンバー 天野恵一
公用語 日本語
設立者 菅孝行
関連組織 日韓民衆連帯全国ネットワーク
靖国解体企画
アジア連帯講座
「日の丸・君が代」強制反対の意思表示の会[1]
ウェブサイト 反天連公式ブログ
テンプレートを表示
2009年(平成21年)8月15日に行われた反天連のデモ。この中央の人形は「K介さん」という反天連のパペットである。

反天皇制運動連絡会(はんてんのうせいうんどうれんらくかい)は、反皇室闘争を目的とする日本の新左翼グループの一つである。略称は「反天連」。機関誌「反天皇制運動カーニバル」。

概要[編集]

1984年(昭和59年)、昭和記念公園開園反対闘争をしていた新左翼系評論家菅孝行が呼びかけ人となって結成された。昭和天皇在位60年式典や昭和天皇大喪の礼今上天皇即位の礼など、皇室関連行事が連続し、反天連はこれらの式典への反対を主張し活動を行った。

反皇室闘争そのものは中核派革労協などの有力新左翼党派も手がけ、反天連はこれらとは一線を画し、皇室に関する様々な活動を繰り広げた。近年では、毎年8月15日靖国神社前でデモ行進を行っている。反天連に対し批判的な立場の右翼団体や、行動する保守系の市民団体らが、そのデモ活動に対する抗議活動を行う姿が確認されている。2011年には保守系評論家の古谷経衡が反天連のデモ行進に「潜入」しその経緯をブログに公開している[2]

皇室関連行事が一段落した1991年(平成3年)に「発展的解散」を宣言、その直後に「再結集」を呼びかけた。反天連はこれ以降、活動期間を3年とし、3年ごとに組織の見直しを行い、解散と再結集を行う形態を採っている。

設立当初は「天皇制廃止論」を主要テーマとしていたが、「皇室に対する警備批判」などのテーマについても掲げるようになっている。

主要メンバー[編集]

括弧内は役職

主な執筆者[編集]

天野恵一、伊藤晃太田昌国梶川涼子[3]

注脚[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊「治安フォーラム」1996年(平成8年)10月号、1998年(平成10年)5月号、2002年(平成14年)1月号、2006年(平成18年)4月号(立花書房

関連項目[編集]

外部リンク[編集]