白鳥事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最高裁判所判例
事件名 再審請求棄却決定に対する異議申立棄却決定に対する特別抗告事件
事件番号 昭和46年(し)第67号
1975年(昭和50年)5月20日
判例集 刑集29巻5号177頁
裁判要旨
刑訴法435条6号にいう「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」とは、確定判決における事実認定につき合理的な疑いをいだかせ、その認定を覆すに足りる蓋然性のある証拠をいうものと解すべきであるが、右の明らかな証拠であるかどうかは、もし当の証拠が確定判決を下した裁判所の審理中に提出されていたとするならば、はたしてその確定判決においてなされたような事実認定に到達したであろうかどうかという観点から、当の証拠と他の全証拠と総合的に評価して判断すべきであり、この判断に際しても、再審開始のためには確定判決における事実認定につき合理的な疑いを生ぜしめれば足りるという意味において、「疑わしいときは被告人の利益に」という刑事裁判における鉄則が適用される。
第一小法廷
裁判長 岸上康夫
陪席裁判官 藤林益三・下田武三・岸盛一団藤重光
意見
多数意見 全員一致
意見 なし
反対意見 なし
参照法条
刑訴法435条6号
テンプレートを表示

白鳥事件(しらとりじけん)は、1952年(昭和27年)1月21日に発生した殺人事件である。

日本共産党自由法曹団冤罪事件であると主張[1]し、1965年(昭和40年)に再審請求して最高裁判所特別抗告するも1975年(昭和50年)に棄却されている。

概要[編集]

1952年(昭和27年)1月21日午後7時30分頃、札幌市警察白鳥一雄警部自転車で帰宅途上、北海道札幌市[2]南6条西16丁目路上で併走する自転車に乗る犯人から射殺され、犯人は逃走している。

白鳥は、札幌市警警備課課長として当時半ば非合法に活動していた日本共産党対策に従事していたことから、捜査当局は共産党関係者を中心に捜査している。事件発生2日後に党北海道地方委員会が「党との関係は何とも言えない。この事件は愛国者の英雄的行為」と関与を匂わせる旨の声明を発し、党員が市内で「見よ、天誅遂に下る!」のビラを配布していたことから党関係者へ疑惑が抱かれるも、事件直後に村上由党北海道地方委員が「党と白鳥事件は無関係」と関与を否定する声明を発している。一方、白鳥がある信用組合の不正に関与していたことから当該信用組合経営陣が殺し屋を差し向けたとの噂も喧伝されていた。

事件発生から4か月後、党員の通報により白鳥殺害に関与しているとの情報が得られて村上国治党札幌地区委員らが逮捕され、共犯として逮捕されたTが「1月3日から1月4日頃に村上ら7人が集まり、白鳥警部殺害の謀議を為した」と供述するも、村上らの逮捕後も犯行に用いられたとされるピストルは発見されず、事件発生2年前に幌見峠で射撃訓練した際のピストル銃弾のみが唯一の物証として裁判に提出されている。直接の実行犯は当時日本と国交が無い中華人民共和国へ不法出国して逃亡している。

裁判[編集]

検察側は村上を殺人罪共謀共同正犯で、共犯2人を殺人罪の幇助犯として起訴し、「村上らは武装蜂起の訓練のため幌見峠で射撃訓練をした。そして、彼らの活動の邪魔になる白鳥警部を射殺した」と主張している。第1審札幌地裁は共同謀議を認定し、村上を無期懲役、共犯1人を懲役5年・執行猶予5年と判決している。途中から公判分離されて共同謀議を自供した共犯Tは、1957年(昭和32年)に懲役3年・執行猶予3年と判決されて確定している。控訴審札幌高裁は村上を懲役20年に減刑し、共犯1人は控訴棄却している。1963年(昭和38年)、最高裁判所上告を棄却して判決が確定している。

唯一の物証であるピストル銃弾は2年前に発射された銃弾としてはほとんど腐食無く、「旋条痕が白鳥警部の遺体から発見された銃弾と一致したとする鑑定結果はアメリカ軍による鑑定」との証言が上告棄却後に得られて捏造の可能性が疑われ、村上は1965年(昭和40年)に再審請求して最高裁判所へ特別抗告するも1975年(昭和50年)に棄却されている。

白鳥決定[編集]

最高裁判所は再審請求を棄却するも、「再審制度においても『疑わしいときは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則が適用される」と判断し、後年「白鳥決定」と通称されている。従前の再審裁判では証拠を完全に覆すに足る証言や証拠を求めることが多かったが、裁判時の証拠や証言に対してある程度の合理的疑いが存在する場合も再審の対象とし得る、と扱うことにより弘前大学教授夫人殺人事件・米谷事件・滝事件・財田川事件免田事件など多数事件で冤罪認定に至る事例もある。

後年の推移[編集]

  • 1955年(昭和30年)頃、指名手配犯3人は中華人民共和国へ不法出国により亡命[3]するも、1988年(昭和63年)に2人が病死して鶴田倫也だけが生き残る。1997年(平成9年)、鶴田は北京市内で時事通信の取材に応ずるも事件の真相は語らず[4]、晩年は心臓疾患を患い2012年(平成24年)1月頃から体調を崩して3月中旬に北京で死亡[4]している。
  • 1994年(平成6年)11月3日、村上は埼玉県大宮市内で失火原因不明の自宅火災により71歳で死亡している。
  • 2011年(平成23年)3月27日、HBC北海道放送が事件関係者へのインタビューなどを通じて白鳥事件の真相を追ったラジオドキュメンタリー「インターが聴こえない~白鳥事件60年目の真実~」(HBCラジオ開局60周年記念ドキュメンタリー)を放送し、同年5月に第37回放送文化基金賞ラジオ部門優秀賞[5]を、同6月に第48回ギャラクシー賞ラジオ部門大賞[6]を受賞している。
  • 2012年(平成24年)2月24日、中核自衛隊に属して暗殺計画に参加したとして殺人幇助などの罪で執行猶予判決を受けた元隊員は「中核自衛隊が計画を進めていたのは事実」と証言し、説明責任を果たすため手記を公表予定[7]読売新聞の取材に応じている。
  • 指名手配犯3人は海外逃亡中であるため公訴時効は停止中で、鶴田を含む2人は中国公安当局による死亡確認を得られていないため逮捕状は更新され続けており、効力を有する日本最古の逮捕状[8]となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 渡部富哉 『白鳥事件 偽りの冤罪』(同時代社 2012年)230頁
  2. ^ 現在の札幌市中央区
  3. ^ “白鳥事件・最後の実行メンバー死亡…北京で”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年3月29日). オリジナル2012年3月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120330223817/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120329-OYT1T01212.htm 2012年3月30日閲覧。 
  4. ^ a b “白鳥事件の鶴田容疑者が死亡=逃亡先の北京で-警部射殺から60年、真相語らず”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年3月29日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&rel=j7&k=2012032900320 2012年3月30日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ HBC北海道放送 プレスリリース 2011年
  6. ^ “秋田放送の番組がテレビ部門大賞 第48回ギャラクシー賞”. 共同通信社. 47NEWS. (2011年6月2日). http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060201000949.html 2013年4月18日閲覧。 
  7. ^ “「白鳥事件」銃撃、数日前に失敗…地下組織の元隊員60年後の証言”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年2月24日). オリジナル2012年2月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120227075103/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20120224-OYT8T00017.htm 
  8. ^ “更新続く「最古の逮捕状」 白鳥事件で北海道警”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年11月24日). http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112401000993.html 2013年4月18日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 白鳥事件中央対策協議会『壁あつくとも 村上国治獄中詩・書簡集』日本青年出版社、1969年
  • 長岡千代『国治よ 母と姉の心の叫び 謀略白鳥事件とともに生きて』光陽出版社、1997年
  • 宮川弘『白鳥事件の謎 ノンフィクション・スパイシリーズ』東洋書房、1968年
  • 村上国治『網走獄中記 白鳥事件――村上国治 たたかいの記録 上・下』日本青年出版社、1970年 
  • 山田清三郎『白鳥事件研究 昭和史の発掘』白石書店、1977年
  • 山田清三郎『白鳥事件』新風舎、2005年
  • 渡部富哉『白鳥事件 偽りの冤罪』同時代社、2012年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]