FN ブローニングM1910

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
FN ブローニングM1910
Browning 1910 (6971783833).jpg
FN ブローニングM1910
概要
種類 自動式拳銃
製造国  ベルギー
設計・製造 ジョン・ブローニング
FN
性能
口径 .32口径(7.65mm)
.38口径(9mm)
銃身長 88mm
使用弾薬 .32ACP弾(7.65x17mm)
.380ACP弾(9x17mm)
装弾数 7+1発(.32ACP弾)
6+1発(.380ACP弾)
作動方式 ストレートブローバック
全長 151mm
重量 570g
テンプレートを表示

FN ブローニングM1910(FN Browning Model 1910)は、ジョン・ブローニングが設計し、ベルギーFN社が製造した自動式拳銃

概要[編集]

FN ブローニングM1900の後継として開発された。服の下から取り出す際に極力引っかからないように設計されているため、ストライカー式の撃発機構を採用してハンマーレスとするなど、露出物を極限まで減らしている。その最たる物が照準器の小型化であり、スライド上部に掘られた溝の内部に極小の照星と照門を用意しているため、側面から見ると照準器が露出していない。また、スライドキャッチを兼ねたセーフティーレバーに加え、銃把を握らないと解除されないグリップセーフティー、さらに、弾倉を抜くとグリップセーフティーを強制的に固定するマガジンセーフティーと、3重の安全装置を備えている。いずれの安全装置が作用してもシア(逆鉤)が固定され、シアと連動する引き金を引けなくなる。

本銃はメインとなった.32ACP弾(7.65x17mm)モデルのほかに.380ACP弾(9x17mm)モデルが存在し、前者の装弾数は8発(弾倉7発+薬室1発)、後者の装弾数は7発(弾倉6発+薬室1発)である。

本銃は小型軽量で携帯性に優れており、信頼性や性能も良好でかつ安価であることに加え、特徴的な美しい外観ゆえに評価が高く、世界に輸出された結果、20世紀前中期を代表するベストセラー拳銃の1つとなり、1983年まで70年あまりも生産が続けられた。また、第一次世界大戦の契機となったサラエボ事件において、セルビア人グループがベルギー製の本銃を計4丁用い、このうちガヴリロ・プリンツィプオーストリア皇太子夫妻に致命傷を与えている。プリンツィプが使った本銃は、パリ警視庁の歴史資料博物館(Musée des Collections Historiques de la Préfecture de Police)に収蔵されている。

バリエーション[編集]

M1922
M1910のメカニズムをそのままに、銃身を25mm延長して113mmとし、あわせてフレーム・スライド・グリップを延長した拡大モデル。弾倉も延長されたため、装弾数はM1910に比べて2発多くなっている。1922年に発表されたことからM1922と呼ばれた。
M1955
一説では第二次世界大戦後に生産されたモデルを指すとされている。

採用国[編集]

M1910を装備する特別警備隊

制式採用されたのは主に欧州だが、積極的に輸出されたため、欧州以外でも使われていたようである。そのうえ、当時は拳銃の携行は比較的自由であり、好きな銃を持ち歩いていたような時代だったため、どの国の軍人が使っていたかを断言できないとも言える。

日本
第二次世界大戦前の日本においても、通称ブローニング拳銃として.32ACP弾モデルが多数輸入されていた。民間販売のほか、主に帝国陸軍将校准士官の護身用拳銃として、本銃は最も人気が高かった。これは、同時期の国産自動拳銃である南部大型自動拳銃が大型かつ高価で敬遠されていたためである(二十六年式拳銃十四年式拳銃は、主に下士官用の官給品である)。.32ACP弾は日本軍制式の8x22mm南部弾(十四年式拳銃実包)とともに、七・六五粍拳銃実包として陸軍造兵廠において生産供給されていた。また、欧米からの拳銃輸入が困難となった第二次世界大戦時には、本銃をベースとした国産拳銃の浜田式自動拳銃が開発され、量産されて同じく将校の護身用拳銃として使用された。
軍服に限らず、軍刀ホルスターに至るまで将校・准士官の軍装品は私物であり、各々の嗜好による自費調達が基本であった。拳銃はベルギーアメリカドイツスペインなど欧米からの輸入品を中心に様々な物が使用されており、民間の銃砲店や偕行社酒保部にて購入した。
軍に限らず警察でも、私服警察官特別警備隊隊員の装備としてのほか、外地(満州など)の駐留警官の間でも使用されていた。

登場作品[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]