富田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富田 武(とみた たけし、1945年9月24日 - )は、日本政治学者成蹊大学法学部名誉教授。専門は、比較政治学ロシアソ連政治史。

略歴[編集]

福島県生まれ。1971年東京大学法学部卒業、1981年同大学院社会学研究科博士課程満期退学。予備校講師、大学非常勤講師などを経て1988年成蹊大学法学部助教授、1991年より同教授、1999年から2002年まで大学アジア太平洋センター所長を兼務、2002年から2004年まで法学部長を務める。成蹊大学法科大学院創設の提唱者。2014年退職。

著書[編集]

単著[編集]

  • スターリニズムの統治構造――1930年代ソ連の政策決定と国民統合』岩波書店、1996年
  • 『戦間期の日ソ関係――1917-1937』岩波書店、2010年
  • 『コムソモリスク第二収容所 日ソの証言が語るシベリア抑留の実像』東洋書店〈ユーラシア・ブックレット〉、2012年  
  • 『シベリア抑留者たちの戦後 冷戦下の世論と運動 1945-56』人文書院、2013年 
  • 『シベリア抑留 スターリン独裁下、「収容所群島」の実像』中央公論新社中公新書〉、2016年

共編著[編集]

  • 李静和)『家族の変容とジェンダー ――少子高齢化とグローバル化のなかで』(日本評論社, 2006年)

訳書[編集]

  • F・フェヘール、A・ヘラー、G・マールクシュ『欲求に対する独裁――「現存社会主義」の原理的批判』(岩波書店, 1984年)
  • E・H・カーコミンテルンスペイン内戦』(岩波書店, 1985年)
  • R・W・デイヴィス『ペレストロイカと歴史像の転換』(岩波書店, 1990年)
  • O・フレヴニューク『スターリンの大テロル――恐怖政治のメカニズムと抵抗の諸相』(岩波書店, 1998年)

外部リンク[編集]