収容所群島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『収容所群島』
(しゅうようじょぐんとう)
Архипелаг Гулаг
著者 アレクサンドル・ソルジェニーツィン
訳者 木村浩
発行日 フランスの旗 1973年-1975年
発行元 フランスの旗 YMCAプレス社
フランスの旗 フランス
言語 ロシア語
公式サイト www.solzhenitsyn.ru
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

収容所群島』(しゅうようじょぐんとう、Архипелаг ГУЛАГ、ラテン文字表記:Arkhipelag GULAG)は、ソ連作家アレクサンドル・ソルジェニーツィン記録文学

ソ連における、反革命分子とみなされた人々に対しての強制収容所グラグ(グラーグ)」への投獄、凄惨な拷問強制労働処刑の実態を告発する文学的ルポルタージュである。統制の厳しい本国では出版できず、1973年から1975年フランスで発売。各国語訳が進められた結果、人権上由々しき問題として大反響を巻き起こした。当然ながらソ連では禁書扱いされた。ソルジェニーツィン自身は、続刊が出版されている最中である1974年市民権を剥奪されて西ドイツ国外追放されている。

タイトルの「収容所群島」とは、広大なソ連領内の各地に点在する収容所の分布のありようを、大海中に点在する島々になぞらえた表現である。

日本語訳[編集]

  • ソルジェニーツィン 『収容所群島 1918-1956 文学的考察』(6巻) 木村浩訳、新潮社、1974年-1977年/新潮文庫、1975-1978年。2006年-2007年、ブッキングにて復刊。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]