人民艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人民艦隊(じんみんかんたい)とは、1950年代武装闘争路線をとっていた日本共産党中国北朝鮮密航するために編成された密航船群のことである。

中国の人民解放軍海軍の艦隊や北朝鮮の朝鮮人民軍海軍の艦隊のことではない。

概要[編集]

日本島国であり、海外に逃亡するには船を利用するしかなかった。そこで漁船を買い取ったり、廃棄された漁船を改造して密航船が整備された。「艦隊」とはいってもあくまでも比喩的表現であり、規模も漁船レベルの船にすぎない。もちろん各国軍の艦隊と堂々と戦えるような代物ではなかった。

1958年3月22日、警視庁が中国への日共幹部密入国幇助の容疑で漁船の第一勝漁丸船長ら十人を逮捕し、全国で37カ所の家宅捜索をおこない、新聞各紙が大きく報道した。記事の中に人民艦隊の語があり、ここから人民艦隊の名が広く知られるようになった。記事からは、人民艦隊の語が、日本共産党内の隠語公安関係者が名付けたものか不明。報道によれば、静岡県焼津伊東愛媛県新居浜の三カ所に出撃基地があった。4月12日には、日本共産党中央委員の岡田文吉ら4人が逮捕され、岡田文吉が人民艦隊の責任者とされた。1958年4月14日付朝日新聞記事「日共人民艦隊の全容分かる」によれば、人民艦隊は約三十トン前後の漁船13隻で編成されていた。

数千人が、この「人民艦隊」で中国に密出国し、また密入国した。その中には伊藤律野坂参三も含まれる(徳田球一は既に病気を患っていたため、身分を隠して一般の旅客船亡命した)。全体のごく一部ではあるが、北朝鮮との間を往来した人民艦隊の例もある。

検挙で日本共産党は人民艦隊が使えなくなり、中国への密出国者は1958年7月14日引き揚げ船白山丸で集団帰国し、54人が逮捕された。

人民艦隊関係者として逮捕・起訴された者に対して、1960年3月31日に東京地方裁判所出入国管理令違反幇助の確実な証拠がないとして、全員に無罪を言い渡し、検察控訴しなかった。ただし、実際に密出国し逮捕された者は、執行猶予付有罪判決を受けている(白山丸事件)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]