朝鮮人民軍海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝鮮人民軍海軍
Korean People's Army Naval Force
Flag of the Korean People's Navy.svg
現在の海軍旗
創設 1946年7月5日
所属政体 朝鮮民主主義人民共和国
所属組織 朝鮮人民軍
人員 約6万人[1]
所在地 平壌
主な戦歴 朝鮮戦争
第1延坪海戦
第2延坪海戦
大青海戦
テンプレートを表示

朝鮮人民軍海軍(ちょうせんじんみんかいぐん)は、北朝鮮の軍部である朝鮮人民軍が保有する海軍である。1946年に創設された海岸警備隊を前身とする。

概要[編集]

朝鮮人民軍の海上戦力を担う組織であるが、陸海空三軍の中では最も小規模である[2]。小型の哨戒艇及び潜水艦を主力とし、特殊部隊浸透用のホバークラフトも保有している[2]。総艦艇数は2013年時点で、約650隻、計10.3万トンと推定され、潜水艦は特殊部隊浸透用の小型艇も含め、90隻以上とされる[3]

経済活動の停滞もあり、燃料不足から外洋での活動はかなり低調である。また、艦艇の更新は進まず機材は旧式化しており、[2]。2013年10月には複数の艦艇が演習中に沈没して、10数名が殉職したことが報じられた[4]

組織・部隊編成[編集]

地勢上、部隊配置は日本海側と黄海側とに二分されている[2]。東海艦隊と西海艦隊を合わせた16個戦隊とそれら2個艦隊の傘下に置かれる海軍砲兵部隊、地対艦ミサイル部隊、海兵隊である2個海上狙撃旅団から構成されている。

保有艦艇[編集]

歴代司令官[編集]

氏名 在任期間 前職 後職 備考
金鎰喆 1982年6月 - 1997年6月 海軍副司令官 人民武力部第1副部長 85年上将、92年大将
金潤心中国語版 1997年6月 - 2007年12月 西海艦隊司令官   上将
鄭明道 2007年12月 - 2012年7月?     上将、2010年大将[5] 
金明植 2012年7月? - 2015年4月? 東海艦隊司令官   2014年上将
リ・ヨンジュ 2015年4月? - 朝鮮人民軍副総参謀長[6]   2015年4月上将、2015年8月大将[7]

参考文献[編集]

  • 『北朝鮮人民軍の全貌 知られざる「赤い軍事力」の実像に迫る!』 ISBN 978-4384023336
  • 『北朝鮮軍のA to Z-亡命将校が明かす朝鮮人民軍のすべて』 ISBN 978-4769814436
  • 『最新朝鮮半島軍事情報の全貌-北朝鮮軍・韓国軍・在韓米軍のパワーバランス』 ISBN 978-4062102797

脚注[編集]

関連項目[編集]