日本共産党第24回大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本共産党第24回大会(にほんきょうさんとうだいにじゅうよんかいたいかい)は2006年1月11日14日に開かれた日本共産党党大会

概要[編集]

選出された中央委員会[編集]

中央委員130名、准中央委員14名の計144人からなる第24期中央委員会が編成された。また新規3名を含む56人の名誉役員を承認するとともに、既存の名誉役員のうち2人が外れた。

不破が退任したため、党首にあたる議長ポストは空席となった。これにより他党の代表や総裁に相当する最高職は志位一人となった。

理論担当副委員長の浜野忠夫は名簿の提案にあたり、「前の大会と比べて中央役員の総数を増やさないよう極力努力した」と述べた。