文化評論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

文化評論(ぶんかひょうろん)は1993年まで発行されていた総合雑誌である。

概説[編集]

1961年12月号から、日本共産党中央委員会を発行元として創刊された。60年安保闘争のなかで、新左翼系との対立が生じて、文化の分野での意見の相違がめだつようになったので、共産党に近い文化人たちに、発表の場を保障する意味合いがあった。実際、文学の分野では、共産党と対立を鮮明にしていった新日本文学会に対して、批判の場として機能した。

1976年に、発行元を新日本出版社に変更、幅広い分野のことがらをあつかう総合雑誌として再出発した。しかし、1980年代からの革新側の全体的な退潮傾向の中で部数も低迷、1993年3月号を以って休刊した。

掲載された主な小説[編集]

など

略史[編集]

  • 1961年12月 - 第1号刊行
  • 1993年3月 - 第387号を以って休刊

関連項目[編集]