江島淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江島 淳(えじま あつし、1927年10月5日[1] - 1987年5月25日)は、日本の政治家日本国有鉄道職員。参議院議員(2期)。

経歴[編集]

山口県下関市出身。旧制山口県立豊浦中学校(同級生に林義郎)、海軍兵学校山口高等学校を経て、1951年東京大学第一工学部土木工学科を卒業した。

卒業後は日本国有鉄道に入社し、東京鉄道管理局施設部工事第一課長、外務省サンフランシスコ総領事館領事、国鉄建設局計画課長、広島鉄道管理局長などを歴任。

1980年6月、第12回参議院議員通常選挙山口県選挙区自由民主党公認で藤本万次郎を連合後援会会長に迎える万全の布陣で出馬、日本社会党新人浜西鉄雄、日本共産党新人伊藤潔を破って初当選。1986年7月の第14回参議院議員通常選挙でも日本社会党新人山本進、民社党新人上村輝雄、日本共産党新人山本晴彦を破って再選し、連続2期務めた。第2次中曽根内閣大蔵政務次官を務めた。

1987年、59歳で死去した。なお、第14回参議院議員通常選挙の任期満了前の死去であったため同年7月12日に補欠選挙が行われ、事実上の後継候補として自由民主党の公認で出馬した二木秀夫が当選した。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』85頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。