教育制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

教育制度(きょういくせいど)とは、教育上のある目的を実現するためのもので、社会的に公認され、定着している組織である。

教育制度の領域[編集]

教育制度は、一般的には学校制度を中心に構成され、学校制度と同義語として用いられることも多い。しかし、教育制度の範囲を教育が組織的に行われる場に拡大するならば、社会教育の制度まで含めることになる。また、これらの教育制度の設備や運営などによって、教育に関する諸条件の整備やその確立を図り、間接的に教育目的を達成しようとする組織にも及ぼすならば、教育行政教育財政の制度も含まれる。

教育制度の区分[編集]

教育制度には、それぞれの捉え方によって、次のような区分に大別される。

教育水準別
教育目的・内容別
対象別
教育形態別

教育制度の発展過程[編集]

教育の組織が制度として成長・発展する過程には、人間生活の発展に伴う様々な教育思想の作用や葛藤が見られる。一般に、自然発生的に生まれた教育の組織は、親の教育思想の所産といわれた。それが、慣行化され、更に法制化させるに従って、本来の親の教育意思は変形・変質させられ、むしろ社会国家の教育意思が優先したり、支配したりする傾向を帯びてきた。今日における教育制度は、人間の社会生活上の必要を満たそうとするが、反面では、人間自身を規制する機能も認められる。

関連項目[編集]