国語外国語化論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国語外国語化論(こくごがいこくごかろん)は、外国語国語にするという主張である。日本においては、日本語を国語から除くという前提が含まれる論が多い[1]

脚注[編集]

  1. ^ 「~化」は「~に変えること」。この意味で、本来は「外国語を国語に変えること」を意味し、「国語を外国語に変えること」ではない。
  2. ^ ただし志賀自身はフランス語を全く解せなかった。

参考文献[編集]

  • Kobayashi, Toshihiro. Mori Arinori : New light on his Weltanschauung in late Edo and early Meiji Japan and on his language reform discourse. Tokyo : Seijo University, 2009.