犬塚孝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

犬塚 孝明(いぬづか たかあき、1944年6月19日 - )は、日本の歴史学者。専門は日本近代史鹿児島純心女子大学名誉教授、元副学長。

略歴[編集]

神奈川県生まれ。私立武蔵高等学校を卒業し、1968年学習院大学経済学部を卒業。1974年『薩摩藩英国留学生』を上梓、以後、幕末・明治期における対外関係史、森有礼の伝記研究を行い、『新修森有禮全集』を編纂した。1984 - 1994年、鹿児島県立短期大学地域研究所特別研究員、1987年明治政治史研究会を設立し、会長、1991年、「明治維新対外関係史研究」で法政大学文学博士、鹿児島純心女子大学国際人間学部長、副学長。2014年退任。犬塚太郎海軍中将は祖父、父の犬塚家孝は海軍中佐[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『薩摩藩英国留学生』(中公新書、1974年)
  • 『若き森有礼 東と西の狭間で』(鹿児島テレビ、1983年)
  • 『森有礼』(吉川弘文館・人物叢書、1986年)
  • 『明治維新対外関係史研究』(吉川弘文館、1987年) 
  • 寺島宗則』(吉川弘文館・人物叢書、1990年)
  • 『密航留学生たちの明治維新 井上馨と幕末藩士』(日本放送出版協会・NHKブックス、2001年)
  • 『ニッポン青春外交官 国際交渉から見た明治の国づくり』(日本放送出版協会・NHKブックス、2006年)
  • 『明治外交官物語 鹿鳴館の時代』(吉川弘文館、2009年)
  • 『海国日本の明治維新 異国船をめぐる一〇〇年の攻防』(新人物往来社、2011年) 
  • 『独立を守った"現実外交" なぜ、植民地化を免れることができたのか NHKさかのぼり日本史 外交篇4幕末』NHK出版 2012
  • アレキサンダー・ウィリアム・ウィリアムソン伝 ヴィクトリア朝英国の化学者と近代日本』海鳥社、2015 

編著[編集]

  • 『明治国家の政策と思想』(吉川弘文館、2005年)
  • 石黒敬章)『明治の若き群像 森有礼旧蔵アルバム』(平凡社、2006年)

出典[編集]

  1. ^ 海軍史研究会編『日本海軍の本』自由国民社 ISBN 4-426-40030-9、200頁

参考[編集]