大野英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大野 英二(おおの えいじ、1922年10月20日 - 2005年9月6日)は、日本経済学者京都大学名誉教授。

経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ。第八高等学校卒。1945年京都帝国大学経済学部卒。1946年、助手。1950年、京都大学経済学部助教授。1966年、教授。1961年、「ドイツ金融資本成立史論」で京都大学より経済学博士を取得[1]1986年、定年退官、名誉教授、中部大学国際関係学部教授。(~1995年

経済政策論、比較社会史を専攻。ドイツ金融資本資本主義ナチズムなど社会経済史

著書[編集]

  • 『ドイツ金融資本成立史論』有斐閣 1956
  • 『ドイツ資本主義論』未来社 1965
  • 『現代ドイツ社会史研究序説』岩波書店 1982
  • 『ナチズムと「ユダヤ人問題」』リブロポート 1988
  • 『ドイツ問題と民族問題』未来社 1994
  • 『ナチ親衛隊知識人の肖像』未來社 2001
  • 『比較社会史への道』未來社 2002

翻訳[編集]

  • ヘルムート・ベーメ『現代ドイツ社会経済史序説』藤本建夫共訳 未来社 1976
  • ハンス・ローゼンベルク『ドイツ社会史の諸問題』共訳 未来社 1978
  • ハンスーウルリヒ・ヴェーラー『ドイツ帝国1871-1918年』肥前栄一共訳 未来社 1983

記念論集[編集]

  • 『比較社会史の諸問題 大野英二先生還暦記念論文集』川本和良ほか編集 未来社 1984

出典・脚注[編集]

  1. ^ ドイツ金融資本成立史論 大野英二”. 国立国会図書館. 2012年7月30日閲覧。

参考[編集]