高橋幸八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 幸八郎 (たかはし こうはちろう、1912年6月1日 - 1982年7月2日)は、日本の歴史学者。専門は西洋経済史・フランス史。

人物[編集]

福井県今立郡河和田村(現在の鯖江市河和田町)の地主の家に生まれる。東京大学の卒業論文「英仏協商の展開(1904-1906年)」では国際関係史を主題に選び実証的な研究を行うが、のちに理論的な側面に関心を強め、社会経済史へと方向を転回していく。

マルク・ブロックジョルジュ・ルフェーヴルと手紙を通じて親交を深め、とりわけ後者からは長きに渡って薫陶を受ける。

英語圏で展開された「封建制から資本主義への移行論争(ドッブ・スウィージ論争)」[注釈 1]において日本の経済史家の立場から論陣を張り、イギリス史の大塚久雄と並んで戦後歴史学の立役者とされる。

後半生は国際歴史学会理事、土地制度史学会代表理事などを務め、歴史家相互の対話促進や後進の育成に尽力した。

経歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

主要著作[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 大塚久雄松田智雄)『西洋経済史講座——封建制から資本主義への移行(全5巻)』(岩波書店、1960〜62年)

共訳書[編集]

関連項目[編集]

参照文献[編集]

  • 遅塚忠躬「高橋幸八郎」(『20世紀の歴史家たち(1)』刀水書房、1997年、245〜258頁)
  • 高澤紀恵「高橋・ルフェーヴル・二宮」(『思想』1048号、2011年8月、120〜140頁)

参考文献[編集]

  • 「高橋幸八郎教授略歴,業績目録 (経済史研究とその国際交流--社会科学研究所25年間の回顧とともに)」東京大学社会科学研究所 / 東京大学社会科学研究所 編「社會科學研究」24(2) 1972年 p188~199

外部リンク[編集]