林田英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林田 英樹(はやしだ ひでき、1942年(昭和17年)4月3日[1] - )は、日本の文部官僚文化庁長官、東宮大夫を歴任。鳥取県鳥取市出身。

来歴[編集]

京都大学法学部卒業、文部省に入省。文化庁次長、文部省学術国際局長を経て、1997年(平成9年)文化庁長官に就任。

2000年(平成12年)に退官後、2000年(平成12年)国立科学博物館長、2001年(平成13年)東宮侍従長を歴任し、2002年(平成14年)から2006年(平成18年)まで東宮大夫を務めた。

退任後は2006年から2011年(平成23年)まで初代国立新美術館長を務めた。

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売人物データベース
先代:
新設
国立新美術館館長
初代:2006年 - 2011年
次代:
青木保