林良博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

林 良博(はやし よしひろ、1946年7月12日[1] - )は、日本の解剖学者、家畜・家禽学者、獣医師。東京大学総合研究博物館館長、国立科学博物館館長、山階鳥類研究所前所長。農学博士。専門は、動物資源科学、獣医解剖学、寄生虫学、人と動物の関係学[2]

経歴[編集]

1946年、広島県に生まれる。1969年東京大学農学部卒業。在学中、農学部学生自治会委員長を務める[3]

1975年、東京大学農学博士。「日本産イノシシの頭蓋に関する形態学的研究」[4]

ハーバード大学客員研究員、コーネル大学客員助教授、東京大学教授、総合研究博物館館長、農学部長、副学長を歴任。2010年に山階鳥類研究所所長に就任(- 2017年3月)。また、2010年東京農業大学教授 ( - 2013年3月)。2013年に国立科学博物館館長に就任[5]

学会活動として、ヒトと動物の関係学会会長、日本獣医解剖学会会長などを歴任。

国際活動として、国際捕鯨委員会技術委員会委員、世界保健機構アドバイザー、世界獣医解剖学会副会長、アジア獣医科大学協議会会長などを歴任、または現職。

著書[編集]

  • 宮地伝三郎増井光子、林良博 『不思議な動物本能』 リブリオ出版 いきいきトーク知識の泉 : 大きな活字で読みやすい本. 著名人が語る〈考えるヒント〉 ; 9、1997年NCID BA3497211X

論文[編集]

賞詞[編集]

1989年 第8回日本獣医学会賞受賞。

先代:
近藤信司
国立科学博物館長
2013 -
次代:

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.271
  2. ^ 研究者 林良博(東京大学総合研究博物館)
  3. ^ 全学連中央執行委員会編『勝利へのスクラム 東大民主化闘争の記録』(新日本出版社,1969年)149ページ
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ 独立行政法人国立科学博物館長の公募結果について

外部リンク[編集]