矢野峰人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
矢野 峰人
人物情報
生誕 (1893-03-11) 1893年3月11日
日本の旗 日本岡山県津山市
死没 1988年5月21日(1988-05-21)(95歳)
出身校 京都帝国大学
学問
研究分野 文学(英文学)
研究機関 台北帝国大学東京都立大学
テンプレートを表示

矢野 峰人(やの ほうじん、1893年3月11日 - 1988年5月21日)は、日本の詩人英文学者

経歴[編集]

岡山県生まれ。本名・禾積(かづみ)。久米北条郡大倭村(現津山市)出身。幼時に父母と死別。母方の祖母、叔父に育てられた[1]。津山中学校(現岡山県立津山中学校・高等学校)在学中、文学雑誌「文章世界」「秀才文壇」などに盛んに投稿。同級生に片岡鉄兵中山巍、上級生に出隆らがいて親交があった[2]第三高等学校を経て京都帝国大学卒業。上田敏厨川白村の教えを受ける。第三高等学校教授、台北帝国大学教授を務めた。後者の同僚であった島田謹二(英米文学、戦後は比較文学研究で著名)とは終生交流した。

戦後、東京都立大学総長、東洋大学学長にも就いた。

業績[編集]

英詩を専門とし、訳詩、評注を多く著し、自身も詩を書いた。詩集『幻塵集』、訳詩集『しるえつと』、自伝『去年の雪』などがある。近年、選集(全3巻、単行本未収録作品が多数入れた)が刊行された。

著書[編集]

  • 『黙禱』 詩集 水甕社 1919
  • 『詩學雑考』 第一書房 1926
  • 『近代英文學史』 第一書房 1926
  • 『片影』 研究社 1931
  • 『半面像』 大木書房 1934
  • 『近代英詩評釈』 三省堂 1935
  • 『アイルランド文藝復興』 弘文堂 1940
  • 『幻塵集』 日孝山房 1940
  • 『研究社英米文学語学講座』 英文学主潮史 3 研究社 1941
  • 『近英文藝批評史』 全国書房 1943
  • 『影』 第三詩集 日孝山房 1943
  • アーノルド論攷』 全国書房 1947
  • 『曲中人物』 靖文社 1948
  • 蒲原有明研究』 国立書院 1948/日本図書センター(復刻)1984
  • 『途上』 国立書院 1948
  • 『思旧帖』 随筆集 関書院 1948
  • 『詩学入門』 堀書店 1949
  • 文學界』と西洋文学 門書房 1951/新訂版・学友社 1970
  • ヴイクトリア朝詩歌論』 研究社出版 1954、新訂版1971
  • 『去年の雪』 文学的自叙伝 大雅書店 1955。新書判
  • 『英文学夜話』 研究社出版 1955
  • ポープ』 研究社出版 1955
  • 『比較文学 考察と資料』 南雲堂 1956、増訂版1978
  • 『英文学の特性』 松柏社 1956、新版1969
  • 『文学史の研究』 松柏社 1958
  • 『新・文学概論』 大明堂 1961、増補版1976
  • 『日本英文学の学統 逍遥 八雲 敏 禿木』 研究社出版 1961、新版1966
  • 『鉄幹・晶子とその時代』 彌生書房 1973、新版1988
  • 『世紀末英文學史-補訂近代英文學史』(上下) 牧神社 1978-79
    • 『決定版 世紀末英文學史』(全1巻) 沖積舎 2007
  • 『飛花落葉集 古今東西文苑散歩』 北沢書店 1988
  • 『猟書今昔物語』 展望社 2001
  • 『矢野峰人選集』 全3巻 国書刊行会 2007
  1. エッセイ・詩・訳詩。高遠弘美解説
  2. 比較文学・日本文学。井村君江解説
  3. 英文学 ほか。富士川義之解説

翻訳[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]