前田慧雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
前田慧雲

前田 慧雲恵雲、まえだ えうん、安政2年1月14日1855年3月2日) - 昭和5年(1930年4月29日)は、伊勢国桑名(現・三重県桑名市)出身の浄土真宗本願寺派の学僧(文学博士三重県初、東洋大学長、龍谷大学長)。含潤、止舟斎と号す。

略歴[編集]

桑名の西福寺に生まれ、大賀旭川佐藤牧山に漢文を、西山教校比叡山松島善譲仏教学を学んだ。

1888年に上京して大内青巒と共に尊皇奉仏を唱え、新欲主学問所の主事となる。東京大学講師をはじめとし、高輪仏教大学(明治37年)、東洋大学(明治39年)、龍谷大学(大正11年)の学長を歴任した。

主編著[編集]

  • 『大日本続蔵経』
  • 『大乗仏教史論』
  • 『仏教今古変一斑』
  • 『天台宗綱要』
  • 『仏教人生観』
  • 『仏教思想講話』

関連文献[編集]

外部リンク[編集]