都立化学工業専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都立化学工業専門学校
(都立化学工専)
創立 1942年
所在地 東京都深川区
(現 東京都江東区)
初代校長 宇野三郎
廃止 1951年
後身校 東京都立大学
(現 首都大学東京)
同窓会 都立化工同窓会

都立化学工業専門学校 (とりつかがくこうぎょうせんもんがっこう) は、1942年 (昭和17年) に設立された旧制専門学校。略称は都立化学工専。創立時の名称は(東京)府立化学高等工業学校府立化学高工)。

概要[編集]

  • 第二次世界大戦下における工業技術者確保のために、国策に合わせて増設された高等工業学校の一つ。
  • 化学高工創立時は、本科 (修業年限3年) に応用化学科、金属工学科の 2科を設置した。
  • 東京都発足により都立化学高等工業学校に、第二次世界大戦中に都立化学工業専門学校に改称された。
  • 新制東京都立大学工学部 (現 首都大学東京) の前身である。

沿革[編集]

府立化学高等工業学校時代[編集]

  • 1942年2月9日: 専門学校令により府立化学高等工業学校設立認可。
  • 1942年4月10日: 第1回入学式。
    • 本科 (修業年限3年) に応用化学科、金属工学科を設置。

都立化学高等工業学校・都立化学工業専門学校時代[編集]

  • 1943年7月1日: 東京都発足に伴い、都立化学高等工業学校と改称。
  • 1944年4月1日: 都立化学工業専門学校と改称。
  • 1945年3月: 空襲により校舎焼失。
  • 1949年4月: 新制東京都立大学発足。
    • 都立化学工専は工学部の母体の一部となった。
  • 1951年3月: 旧制都立化学工業専門学校廃止。

校地[編集]

創立時は、東京市深川区千石町3-1 (現 東京都江東区千石) の東京府立化学工業学校に併設された。1945年3月の東京大空襲で校舎を焼失し、東京都立工芸学校 (現 東京都立工芸高等学校) に間借りした。1945年12月には、板橋区の元陸軍第二造兵廠に移転。1949年8月に元の千石校地に復帰したが、まもなくキティ台風で被害を受けた。

千石校地は、東京都立化学工業学校の後身、新制東京都立化学工業高等学校に使用されたが同校の廃止後、東京都立科学技術高等学校の仮校舎として使用され、現在は東京都立大江戸高等学校の校地となっている。

歴代校長[編集]

  • 宇野三郎
  • 菱山衡平

著名な出身者[編集]

関連書籍[編集]

  • 東京都立大学事務局企画調整課(編) 『東京都立大学五十年史』 2000年3月。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]