茂木俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

茂木 俊彦(もぎ としひこ、1942年昭和17年)10月13日 - 2015年9月25日[1])は、日本の教育心理学者。障害児教育が専門。桜美林大学大学院心理学研究科特任教授。東京都立大学第11代総長。都立大学名誉教授。

群馬県前橋市出身。東京都の大学改革による首都大学東京の発足に伴い、東京都立大学総長職が廃止となったため、2005(平成17)年3月に退任。最後の都立大学総長となった。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『障害児保育論』 (1975) さ・さ・ら書房
  • 『障害児の発達と保育』 (1982) 青木書店
  • 『障害児を育てる』 (1984) 大月書店
  • 『障害児と教育』 (1990) 岩波書店岩波新書
  • 『新・障害児教育入門-気になる行動・障害をどう理解するか』 (1995) 労働旬報社
  • 『統合保育で障害児は育つか-発達保障の実践と制度を考える』 (1997) 大月書店
  • 『受容と指導の保育論』(2003)ひとなる書房
  • 『障害は個性か-新しい障害観と「特別支援教育」をめぐって』 (2003) 大月書店
  • 『発達保障を学ぶ』 (2004) 全国障害者問題研究会出版部
  • 『都立大学に何が起きたのか 総長の2年間』 岩波ブックレット (2005) 岩波書店
  • 『障害児教育を考える』岩波新書(2007)岩波書店

脚注[編集]

  1. ^ 訃報=茂木俊彦元委員長死去 全国障害者問題研究会

外部リンク[編集]

  • 茂木俊彦 - 桜美林大学公式サイト内の教員紹介
先代:
荻上紘一
東京都立大学総長
第11代: 2003年 - 2005年
次代:
(廃止)