中村誠太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1949年

中村 誠太郎(なかむら せいたろう、1913年2月27日 - 2007年1月22日)は、日本の理論物理学者東海大学名誉客員教授滋賀県彦根出身。1941年京都帝国大学理学部卒。43年東京帝国大学理学部助手、53年「ベーター崩壊の中間子理論」で東大理学博士東京大学理学部助教授、71年教授。73年定年退官、日本大学教授、78年東海大学教授。83年特任教授、94年退職。中性中間子光崩壊素粒子ベータ崩壊を研究。素粒子群に独自の対称性があることを提唱した。

著書[編集]

共編著[編集]

  • 『原子物理学』武谷三男共編 東京大学出版会 1952年
  • 『素粒子の本質』武谷三男,坂田昌一共編 岩波書店〈現代科学選書〉1963年
  • 『物理科学の世界』編著 日本放送出版協会〈NHK市民大学叢書〉 1977年
  • 『アインシュタイン』編 朝日出版社・エピステーメー叢書 1978年
  • ノーベル財団ノーベル賞講演物理学』全12巻 小沼通二共編 講談社 1978-82年 
  • 『大学院素粒子物理』1-2 編 講談社 1997-98年

翻訳[編集]

  • アインシュタイン『晩年に想ふ』共訳 日本評論社 1950年
  • J.ローランド『ラザフォード 原子の開拓者』梶谷善久吉村幸子共訳 鱒書房 1956年
  • J.シューバート, R.E.ラップ『放射線の恐ろしさ』三好和夫共訳 岩波書店 1958年
  • ヴェ・イ・ゴルダンスキー,イェ・エム・レイキン『原子核物理学』中村弘共訳 東京図書 1966年
  • ジェームズ・A.コールマン『相対性理論の世界 はじめて学ぶ人のために』講談社ブルーバックス 1966年 
  • ジョージ・ガモフ『現代の物理学 量子論物語』河出書房新社 1967年
  • ステファーヌ・グルーエフ『マンハッタン計画 原爆開発グループの記録』早川書房〈ハヤカワノンフィクション〉 1967年
  • リンカーン・バーネット『相対論はいかにしてつくられたか アインシュタインの世界』講談社ブルーバックス 1968年
  • J.L.シンジ『相対性理論の考え方 20世紀理論物理学の革命』講談社ブルーバックス 1971年
  • デービッド・パーク『新しい物理の世界 20世紀が生んだ物理の歩み』講談社ブルーバックス 1973年 
  • P.T.マチウス『現代の物理学 物理学は今ここまで来ている』講談社ブルーバックス 1973年
  • R.ガードナー,D.ウェブスター『「影」の科学 光がつくる別世界』中村幸子共訳 講談社ブルーバックス 1977年
  • アインシュタイン『自伝ノート』五十嵐正敬共訳 東京図書 1978年
  • J.シューリス『物理学小辞典』訳編 共立出版 1979年
  • J.ウィルソン編『われらの時代に起ったこと 原爆開発と12人の科学者』奥地幹雄共訳 岩波現代選書「原爆をつくった科学者たち」岩波書店同時代ライブラリー 1979年
  • L.マーダー『双子のパラドックス 相対性理論と宇宙旅行』講談社ブルーバックス 1981年
  • F.A.ウルフ『量子の謎をとく アインシュタインも悩んだ…』講談社ブルーバックス 1990年
  • チャンドラセカールの「プリンキピア」講義 一般読者のために』講談社 1998年

参考[編集]