部分と全体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

部分と全体』(ぶぶんとぜんたい, Der Teil Und Das Ganze, 英題 The part and the whole)は、不確定性原理を発見したドイツ物理学者ヴェルナー・ハイゼンベルク1971年に著した自伝。日本語訳はみすず書房刊(1974年)。

自身と物理学との関わりの他、ナチスに協力したのではないかとの嫌疑に対する弁明や戦争に対する洞察が書かれている。また、アインシュタインボーアパウリディラックといった20世紀の物理学を代表する巨匠たちとの対話が綴られており、彼らの考え方やエピソードを知ることもできる。

参考文献[編集]

  • 『部分と全体 私の生涯の偉大な出会いと対話』 山崎和夫訳、みすず書房、1974年
    • 『部分と全体 私の生涯の偉大な出会いと対話』 山崎和夫訳、みすず書房、1999年11月、新装。ISBN 4-622-04971-6