東京原子核クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京原子核クラブ
作者 マキノノゾミ
日本
言語 日本語
ジャンル 戯曲
刊行 『マキノノゾミ1 東京原子核クラブ』(ハヤカワ演劇文庫)
初演 1997年1月、劇団M.O.P東京国際フォーラム
受賞 1997年読売文学賞戯曲・シナリオ賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 舞台芸術
テンプレートを表示

東京原子核クラブ』(とうきょうげんしかくクラブ)はマキノノゾミ戯曲。及びそれを原作とした舞台作品である。

1997年1月東京国際フォーラムで初演。以降複数回にわたり、六本木俳優座劇場、渋谷パルコ劇場などで、俳優座劇場劇団M.O.Pにより公演された。1997年読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞。本作は東京国際フォーラムのこけら落とし公演のために書き下ろされた作品である。

この作品は戦前下宿屋を舞台とした青春群像劇であり、一癖も二癖もある下宿の住人たちや、情に厚い大家、男勝りなその娘が織りなすコメディである。一方で舞台が後半に差し掛かると、戦争により暗い影がさすようになり、シリアスな場面が中心となる。主人公の友田はノーベル賞物理学者、朝永振一郎がモデルである。

あらすじ[編集]

昭和7年東京本郷にある古い洋館を改造した下宿屋「平和館」で、理化学研究所に勤める新米物理学者、友田は研究所のレベルの高さに自信喪失し、部屋を引き払い故郷へ帰ろうとしていた。そこへ研究所の先輩、武山がやってくる。武山は友田の決意をつゆ知らず、友田の研究が認められこれから忙しくなると言い残し、自室に仮眠をとりにいく。友田は研究所に残る決意をする。

ギャンブル狂いのピアニストや、正体不明のあやしい女、飲んだくれの売れない劇作家、先輩研究者、男やもめの大家と、男勝りな娘など。平和館の住人はあやしくも個性的で愉快な人びとであった。

やがて戦争時代となり、住人達の生活も一変する。

出演[編集]

ここでは上演された劇場と年で分ける。

東京国際フォーラム(1997年)[編集]

パルコ劇場(1999年)[編集]

  • 友田晋一郎 - 西川忠志
  • 橋場大吉 - 木下政治
  • 早坂一平 - 三上市朗
  • 大久保桐子 - 南谷朝子
  • 箕面富佐子 - キムラ緑子
  • 武山真先 - 阿南健治
  • 大久保彦次郎 - 酒井高陽
  • 谷川清彦 - 大家仁志
  • 小森敬文 - 小市慢太郎
  • 狩野良介 - 大石継太
  • 西田義雄 - 小林勝也
  • 林田清太郎 - 奥田達士
  • ラジオの声 - 川下大洋
  • 演出 - マキノノゾミ

俳優座劇場プロデュース(2006年)[編集]

俳優座劇場プロデュース(2008年 - 2012年)[編集]

2008年8月から俳優座劇場にて上演。

関連項目[編集]

書籍[編集]

  • 『マキノノゾミ1 東京原子核クラブ』(ハヤカワ演劇文庫、2008年。ISBN 978-4-15-140016-2)。マキノ自身による詳細な演出ノート付。解説:宮田慶子、推薦文:沢田研二

外部リンク[編集]