豊田利幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊田 利幸
生誕 1920年5月12日
日本の旗 日本 岐阜県
死没 2009年5月15日
日本の旗 日本
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 名古屋大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 素粒子論
プロジェクト:人物伝

豊田 利幸(とよだ としゆき、1920年5月12日 - 2009年5月15日)は、日本の素粒子論、原子核物理学者である。

岐阜県出身。東京帝国大学理学部卒業。立教大学理学部助教授、教授、1969年名古屋大学教養部教授、1984年定年退官、名誉教授、明治学院大学教授、同国際平和研究所所長も務めた[1]湯川秀樹らとともに核廃絶運動を進めた[2][3]

著書[編集]

  • 『物理学汎論 第6 光学』広文館 1949
  • 『原子力問答12講』日刊工業新聞社 1957
  • 『核戦略批判』岩波新書 1965
  • 『核時代における科学と政治』れんが書房 1972
  • 『核戦略の結末』岩波グラフィックス 1982
  • 『核戦略の曲り角 危機はここまできている』岩波ブックレット 1982
  • 『新・核戦略批判』岩波新書 1983
  • SDIとはなにか 宇宙にひろがる核戦略』岩波ブックレット 1986
  • 『SDI批判』岩波新書 1988
  • 『物理学とは何か』岩波書店 2000

共編著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ http://kotobank.jp/word/%E8%B1%8A%E7%94%B0%E5%88%A9%E5%B9%B8
  3. ^ 熊本一規「豊田利幸先生のこと (PDF) 」 、『プライム』第30号、明治学院大学国際平和研究所、2009年、 17-18頁、2012年8月8日閲覧。NAID 120003678597